NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > ワイヤレスシステム > デュアルバンド対応ワイヤレスアクセスポイント「WL-1154」
デュアルバンド対応ワイヤレスアクセスポイント「WL-1154」

バージョンアップ
デュアルバンド対応ワイヤレスアクセスポイント「WL-1154」 Ver1.1.44 (2005/01/04)



機能向上内容

  • 通信動作の安定性を向上しました。


ご注意

  • ファームウェアのアップデート中は絶対に本装置の電源をお切りにならないでください。電源を切りますと故障の原因になります。
  • リセットを行うと本装置のREADYランプが緑色に点滅し設定などは出来なくなります。READYランプが緑色に点灯すれば起動完了です。(起動するまで約20秒かかります)



ファームウェア更新方法

@ 更新する前の確認事項
 a.本装置にログインしてください。(取扱説明書 31〜34ページを参照してください)
b.「詳細設定」をクリックした後、「Administration」画面を表示させてください。
c.「現在のバージョン」より現行のファームウェアバージョンを確認してください。
 表示バージョンVer.1.1.42以下の場合 ⇒ 最新バージョン(Ver1.1.44)へ更新してください
表示バージョンVer.1.1.44の場合 ⇒ 最新版ですので更新する必要はありません。

A ファームウェアの更新
  本装置には、制御を行うために組み込まれたファームウェアが2系統あり、メイン制御用の故障時にはサブ制御用に切り替わりますので、それぞれについてファームアップを行ってください。

★メイン制御用のファームウェアの更新
『ntt-img.bin』ファイルを使用してファームウェアの更新を行います。
a.「詳細設定」をクリックした後、「Administration」画面を表示させてください。
b.ローカルの「新ファームウェアファイル名」で「参照」をクリックして、ntt-img.binを選択します。
c.更新するファイル名を確認して、「更新スタート」をクリックします。
d.ファームウェアの更新が完了すると「保存画面」にかわり、ファイルの更新が終了します。
 (更新完了までに1分ほどかかります) 「OK」ボタンをクリックして前の画面に戻ります。
e.更新したファームウェアで本装置を動作させるために、リセットを行います。本装置の設定を保持した状態で起動する場合は、
 「アクセスポイントのリセット」にある「実行」をクリックしてリセットします。本装置は再起動となりますので、再度ログインして
 ください。
f.「詳細設定」→「Administration」の「現在のバージョン」の部分に「v1.1.44」と表示されていることを確認します。

★サブ制御用のファームウェアの更新
『dflt-img.bin』ファイルを使用してファームウェアの更新を行います。
a.「詳細設定」をクリックした後、「Administration」画面を表示させてください。
b.ローカルの「新ファームウェアファイル名」で「参照」をクリックして、dflt-img.binを選択します。
c.更新するファイル名を確認して、「更新スタート」をクリックします。
d.ファームウェアの更新が完了すると「保存画面」にかわり、ファイルの更新が終了します。
 (更新完了までに30秒ほどかかります) 「OK」ボタンをクリックして前の画面に戻ります。
e.更新したファームウェアで本装置を動作させるために、リセットを行います。本装置の設定を保持した状態で起動する場合は、
 「アクセスポイントのリセット」にある「実行」をクリックしてリセットします。本装置は再起動となりますので、再度ログインして
 ください。



ダウンロードファイル

ファームウェア Ver.1.1.44
 「メインまたはサブ制御用ファームウェア」の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」等を選択してダウンロードしてください。


バージョンアップ履歴

ファームウェア Ver.1.1.42 (2003/9/26)の内容はこちらから確認できます。

ファームウェア Ver.1.1.38 (2003/5/15)の内容はこちらから確認できます。

なお、ファームウェア Ver.1.1.44には、ファームウェア Ver.1.1.38、Ver.1.1.42の更新内容を含んでおります。



Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社