NTT西日本 情報端末ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > フレッツ・光プレミアム/Bフレッツ/フレッツ・ADSL対応端末 > ひかり電話対応機器(RT-200KI)
ひかり電話対応機器(RT-200KI)

バージョンアップ
ファームウェア Version 01.02.0000 (2006/02/27)

● 機能追加内容
● ご注意
● バージョンアップ方法
● ダウンロードファイル
● 利用上のご注意
● バージョンアップ履歴


主な機能追加内容

    ファームウェア Version 01.02.0000
  • 外線通話の内線転送中に、転送元アナログ電話機にてフッキングすることで、内線通話が終了し、外線通話に切り替わる機能を追加しました。

  • 一部の無線アクセスポイント機器との接続性の向上を図りました。
TOP


ご注意

  1. バージョンアップ上のご注意

    ・ バージョンアップ開始後、「かんたん設定」のページが表示されるまで絶対に装置本体の電源を落とさないでください。
    途中で電源を落としますと装置本体のソフトウェア(ファームウェア)が破壊され、復旧不可能な状態となる場合があります。


  2. 利用上のご注意

    ・ 利用上のご注意については、こちらをご覧ください。

TOP


バージョンアップ方法

  1. 以下のファームウェアを右クリックして、「保存」を選択し、ご利用のPCにダウンロードします。





  2. PCとRT-200KIのLANポートがLANケーブルで接続されていることを確認し、WebブラウザのURL欄に「http://192.168.1.1/」を入力します。


    RT-200KIにインターネットの接続設定を行なわずにご利用いただいている場合は、2-2へ進んでください。



    2-1.
    [192.168.1.1に接続]が表示されます。[ユーザー名]に「admin」と入力し、[パスワード]に初期設定時に設定したWeb設定ログインパスワードを入力し、[OK]をクリックします。



    引き続き、3へ進んでください。



    2-2.
    RT-200KIにインターネットの接続設定を行なわずにご利用いただいている場合、[初期設定]が表示されます。セキュリティ確保のために[Web設定 ログインパスワード設定]にてパスワードを設定してください。[新しいパスワード]、及び[新しいパスワード確認]を入力後、[確認]、[送信]の順にクリックしてください。
    (注意)Web設定ログインパスワードは忘れないように必ずメモして安全な場所に保管してください。




    [初期設定]が完了すると以下のダイアログメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。




    [192.168.1.1に接続]が表示されます。[ユーザー名]に「admin」と入力し、[パスワード]に初期設定時に設定したWeb設定ログインパスワードを入力し、[OK]をクリックします。




    [ファームウェア更新確認情報設定]画面が表示されます。[インターネット接続先を設定しない場合]−[こちら]をクリックします。




    以下のダイアログメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。




    以下の画面が表示されます。設定画面(トップ画面)に戻るまでしばらくお待ちください。




    以下の設定画面(トップ画面)が表示されます。






  3. 設定画面のメニュー[保守]から[ファームウェア更新]を選択し、「ファームウェア更新」で[参照]をクリックします。




  4. ダウンロードしたファイルを選択し、[開く]をクリックします。




  5. 選択したファイルを確認して[送信]をクリックします。




  6. [ファームウェア更新]画面が表示されるので、「実行」 をクリックします。




  7. ファームアップ中は以下の画面が表示されます。ファームウェア更新完了するまで電源を抜かずにお待ちください。完了するとトップ画面(「かんたん設定」)に戻ります。更新が完了するまでに約5分程度かかります 。


    バージョンアップ方法については、お手元の取扱説明書をあわせてご覧ください。

TOP


ダウンロードファイル

  • ファームウェア Ver.01.02.0000
    RT200KI_01.02.0000.bin 約 6.7MB

    ※青文字の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してダウンロードしてください。



    バージョンアップ方法はこちらをご覧ください。
TOP


利用上のご注意

  • バージョンアップ後に本商品を初期化すると、[アナログ端末設定]の[ナンバー・ディスプレイ]設定が「使用する」に設定されます。


  • RT-200KIソフトウェア(ファームウェア)のVer01.00.0004をご利用のお客さまは本ソフトウェア(ファームウェア)をバージョンアップすることで[ルータ設定]−[PPPoE設定]の「接続先」設定の「接続モード」の設定項目が新規に追加され、下記の通り設定されます。


     接続先1の接続モード:常時接続





     接続先2〜5の接続モード:要求時接続(自動切断までの時間;1800s)





    「まるごと設定ツール」にてインターネット設定、フレッツ・スクウェア設定および無線LAN設定を実施してご利用中のお客さまはバージョンアップ後もRT-200KIの設定を変更することなくそのままご利用いただくことができます。






    RT-200KIの接続モードを変更する場合は、以下の手順を実施してください。


    【設定変更手順】
  1. PCとRT-200KIのLANポートがLANケーブルで接続されていることを確認し、WebブラウザのURL欄に「http://192.168.1.1/」を入力します。


  2. [192.168.1.1に接続]が表示されます。[ユーザー名]に「admin」と入力し、[パスワード]に初期設定時に設定したWeb設定ログインパスワードを入力し、[OK]をクリックします。




  3. [かんたん設定]画面が表示されます。設定画面の左メニュー画面の[ルータ設定]−[PPPoE設定]を選択します。




  4. [PPPoE設定]画面の設定変更を行う接続先の「接続モード」欄で「常時接続」を選択し、「確認」、「送信」ボタンの順にクリックします。(例;接続先3の設定を変更する場合)


    ===== (中略) =====



  5. 左メニューの「反映」ボタンをクリックします。再起動後、設定が反映されます。


TOP

バージョンアップ履歴

  • ファームウェア Version 01.01.0000 (2006/01/24)

    ・PPPoEセッションを自動的に接続・切断する機能を追加し、マルチセッション利用時の操作性の向上を図りました。

TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社