NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > ビジネスシステム > Netcommunity SYSTEM X7000
Netcommunity SYSTEM X7000

バージョンアップ
ソフトウェア Version 5.00 (2006/10/06)

● 機能拡張内容
● バージョンアップ方法
● ダウンロードファイル
● バージョンアップ履歴


機能拡張内容

    ソフトウェア Version 5.00

  • ひかり電話オフィスタイプの自動バージョンアップ機能拡充に対応

    これまで、ひかり電話オフィスタイプ対応機器において「自動ファームウェア更新」機能の利用には、専用のISP契約が必要でしたが、バージョンアップサーバをフレッツ網内に新設することにより、新ファーム以降は専用のISPの契約なしで「自動ファームウェア更新」機能が利用できるようになります。お客様が常に最新のファームでサービス・機器をご利用いただけるように、今後は「自動ファームウェア更新」機能を「有効」に設定することを推奨いたします。
TOP


バージョンアップ方法

  • Netcommunity SYSTEM X7000とLANケーブル経由でPCが接続されている場合に限リます。接続されていないお客様においては、弊社工事担当者にて有償にて実施させていただきます。 なお、バージョンアップには約20分程度要します。この間、起動中のブラウザ操作等は行なわないようにしてください。

    ※ 再起動に必要になる時間は、概ねの目安です。お客様の状況により異なる場合がございます。
TOP

ダウンロード

Get Adobe Reader 上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。
TOP


バージョンアップ履歴

  • ファームウェアVersion 3.00 (2006/03/03)

    ・FOMA/無線LANデュアル端末を内線コードレスとして利用する際の保留転送機能等の強化をし、より便利にご利用いただくことができます。


    ・自動ファームウェア更新機能を具備しました。


    ・高音質IP電話会議装置MB-1000を内線端末として収容する事が可能になりました。高音質でクリアな電話会議が手軽に実現できます。


    ・その他の機能改善


    ※ 対応する端末は「FOMA N900iL」となります。(平成18年3月現在)
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社