NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > ビジネスシステム > Netcommunity SYSTEM RACSIA
Netcommunity SYSTEM RACSIA

RACSIA対応可能端末拡大について (2008/09/25)

● お知らせ
● ご注意
● ダウンロード


お知らせ

  • RACSIA対応可能端末拡大のお知らせ

    <対応可能端末>

    NTTドコモ社製 「onefoneTM (FOMA® N906iL)」(以下、onefone)の接続が可能となりました。

TOP


ご注意

    <WLANモードでご利用時の注意事項>

    「onefone」からの発信時、WLANのサービスエリア内にいても「110」「112」「118」「119」「000」「08」「911」「999」等の番号については、必ずFOMAネットワークへの発信となります。
    「onefone」にて保留した通話を転送する場合は、ディスプレイ画面の状態を確認して操作して下さい。
    転送先の「onefone」がWLANのサービスエリア外にいる時、「onefone」への転送はできません。もし、WLANのサービスエリア外へ転送する場合は、RACSIA主装置の「圏外転送」の設定が必要となります。
    保留転送時、転送先ダイヤルの後に#をつけても即時発信となりません。ボタンを押して発信してください。
    WLANモードで利用する場合、「ドライブモード」「非通知着信拒否」「電話帳登録外着信拒否」等の「着信拒否」の設定をしないでご利用下さい。
    動作中(着信・発信・保留・内線通話など)にWLANのサービスエリア外に出た場合、動作中の機能などに支障をきたす場合がございます。WLANのサービスエリア内でご利用願います。


    <RACSIA主装置の注意事項>

    「onefone」のプレゼンス機能、メッセンジャー機能はご利用する事ができません。
    「onefone」から他の内線電話機へ非通知発信はできません。
    「onefone」では呼出状態転送機能(※1)はご利用できません。
    他の電話機で操作した共通保留、パーク保留に対して「onefone」で応答することはできますが、「onefone」から共通保留やパーク保留することはできません。
    「onefone」を内線コードレスとして利用し、WLANサービスエリア外にいるときもFOMAネットワーク経由で着信したい場合は、RACSIA主装置にて圏外転送の設定が必要となります(RACSIA取扱説明書 応用編P.75)。
    「onefone」でパーク保留をする場合は、RACSIA主装置にパーク保留の設定を行う必要があります。(RACSIA取扱説明書 応用編P.76、94)

    ※1 通話を一度保留して、転送先の相手を呼び出し、相手が応答する前に転送する機能です。

TOP

ダウンロード

<操作補助マニュアル>、<「NTTドコモ社製「onefone」ご利用時について」>

RACSIA特設サイトからダウンロード願います。
http://www.ntt-vshop.com/business/racsia/index.html

「FOMA」、「onefone」は株式会社NTTドコモの登録商標または商標です。

TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社