NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
フレッツシリーズ対応サザンクロスPC
HOME > コンシューマ向け製品 > フレッツシリーズ対応サザンクロスPC > 光LINK PC-N60D

光LINK PC-N60D
商品概要 主な仕様 周辺機器
主な仕様

商品名 光LINK PC-N60D
メーカー製品名 NEC Mate J タイプML MJ29M/L-F
適用回線
OS (※1) Windows® 7 Professional (32ビット) 正規版 (SP1適用済み)
(Windows® 8 Pro (64ビット) ダウングレード)
CPU インテル® CoreTM i5-3470S プロセッサー (2.90GHz)
メインメモリー (※2)(※3) 4GB (2GB×2)(最大8GB)、スロット数4 (空き2)
フロッピーディスクドライブ 搭載なし
HDD (※4) 約 250GB
CD/DVD/BDドライブ (※5)(※6)
DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL (2層)書込対応)
CD読出:最大40倍速、DVD読出:最大16倍速、
CD-R書込:最大40倍速、CD-RW書換:最大10倍速、
DVD-R(1層)書込:最大16倍速、DVD-R(2層)書込:最大8倍速、
DVD+R(1層)書込:最大16倍速、DVD+R(2層)書込:最大8倍速、
DVD-RW書換:最大6倍速、DVD+RW書換:最大8倍速、
DVD-RAM書換:最大5倍速
バッファアンダーランエラー防止機能
拡張スロット PCI (※7) PCIスロット (Low Profile) ×1、PCI Expressスロット (Low Profile) ×1
PCカードスロット/
Expressカードスロット
メモリースロット
ディスプレイ (※8) 22型高精細 ワイドWSXGA+液晶
最大
表示機能
解像度/表示色数
(※9)
1680×1050/約 1677万色
TVチューナー
最大録画時間
サウンド機能 インテル®ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
外部
インターフェイス
(※10)
シリアルポート
(RS-232C)
D-sub9ピン×1
USBポート USB3.0(本体背面×2)、USB2.0(本体前面×2、本体背面×2)
キーボード/マウス PS/2(ミニDIN6ピン)×2
ディスプレイ (※11) DVI-D24ピン×1(HDCP対応)、ミニD-sub15ピン×1
IEEE1394
映像オーディオ関連 マイク入力:ステレオミニジャック×1
ヘッドフォン/ライン出力共用:ステレオミニジャック×1
ライン入力:ステレオミニジャック×1
LANインターフェイス 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠
ソフト
キーボード/マウス/その他入力装置 109キー(PS/2)/スクロール機能付光学式マウス(USB)
FeliCaポート/Webカメラ −/−
モデム
スピーカー ディスプレイにステレオスピーカー搭載
消費電力 (本体) 約 27W (最大約 158W)
省エネ法に基づくエネルギー消費効率
(2011年度基準)(※12)
W区分 0.096(AAA)
電源 ACアダプター AC100V±10%、50/60Hz(入力波形は正弦波のみをサポート)
寸法 (mm)/
質量 (kg)
本体、ディスプレイ
(※13)
本体:約 220(W)×385(D)×343(H)(スタビライザ含む)/約 8.4
ディスプレイ:約 507.8(W)×220(D)×382(H)/約 7.5
上記の内容はハードウェアの仕様であり、ソフトウェアによっては上記の機能をサポートしていない場合があります。
メーカー仕様による注釈、注意事項、留意事項、仕様詳細、インストールされているソフトウェアについてはメーカーホームページを御確認ください。

※1 本機は、Windows® 8 Proのダウングレード権に基づきWindows® 7 Professional(32bit)がインストールされたモデルになります。Windows® 8 Pro(64bit)をご利用の際には、付属のリカバリーメディア(Windows® 8 Pro(64bit))にてインストールを行ってください。また、Windows® 8 Pro(64bit)とWindows® 7 Professional(32bit)の両方のOSを同時にインストールすることはできません。なお、リカバリーメディアでWindows® 8 Pro(64bit)復元した場合は構成が変わります。
※2 メモリーの増設については、メーカーに動作可否の確認をお願いいたします。
※3 32ビット版OSでは、メモリ4GB以上搭載時でもすべての領域を使用することはできません。OSが使用可能な領域は約3GBとなります。
※4 ユーザーが使用可能な領域は、1パーティションとなり、NTFSでフォーマット済みです。また、約9GBをバックアップイメージとして使用しています。
※5 コピーコントロールCDなど、一部の音楽CDの作成および再生ができない場合があります。メディアの種類、フォーマット形式によっては記載の速度が出ない場合があります。
※6 本体縦置時、8cmCDは使用できません。
※7 搭載可能なボードサイズは、PCIスロット(Low Profile):64.5(W)mm×167.7(D)mm以内、PCI Expressスロット(Low Profile)の場合:68.9(W)mm×167.7(D)mm以内となります。
※8 液晶ディスプレイは非常に高精度な技術で作られていますが、画面の一部にドット抜け(ごくわずかな黒い点や、常時点灯する赤、青、緑の点)が見えることがあります。また、見る角度によっては色むらや明るさのむらが見えることがあります。これらは、液晶ディスプレイの特性によるものであり、故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※9 ディザリングにより約1,677万色を実現します。
※10 各種インターフェイスに関しましては、そのインターフェイスに対応した全ての周辺機器の動作を保証するものではありません。周辺機器をお求めになる際には、対応OS、使用条件について各周辺機器メーカーに動作可否の確認をお願い致します。
※11 アナログコネクター(ミニD-sub15ピン×1)とデジタルコネクター(DVI-D×1)の同時使用は未サポートです。
※12 エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成率500%以上を示します。
※13 縦置時のスタビライザー以外の突起物は含みません。
審査 13-1146-1
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社