このページの本文へ移動

ここから本文です。

高齢化社会
×ICT

医療・介護を効率化する基盤や、
健康づくりを促進する仕組みで、高齢化社会に対応。

高齢化社会における社会課題

日本の高齢化率(65歳以上人口が総人口に占める割合)は世界一となっており、年々増加する医療費の国民負担が大きな課題となっています。また、支援を必要としている高齢者の介護費の負担も同様に大きくなっています。あわせて、医療・介護従事者の労働負担も大きくなっており、医療・介護従事活動の効率化や負担軽減が求められています。

NTT西日本グループの取り組み方針

NTT西日本グループでは、ICTの活用により、医療・介護に従事する皆さまの効率的な働き方を支援するとともに、医療・介護を受ける皆さまにとっても、治療・療養などに専念できる環境づくりをお手伝いします。さらに、日々の健康づくりおいても、バイタルデータを基にした遠隔医療相談を受けることができる仕組みや、介護予防・機能訓練を支援する仕組みの提供により、病気や介護状態となることを予防することにも貢献してまいります。

ソリューション事例動画

社会課題の解決にICTを活用した具体的な事例を動画でご紹介します。

読込中

    主なソリューションサービス

    社会課題の解決に関するNTT西日本のサービスをご紹介します。

    審査 18-2614-1