このページの本文へ移動

ここから本文です。

光BOXを活用した「電力の見える化」「家電操作」で
楽しく便利な未来のエコライフをサポート

エコライフ篇

2016年10月26日掲載

光BOX(EMS版)HEMS機能

テレビに接続して、動画やゲーム・インターネットなどを楽しむ「光BOX+」。
そのEMS版モデルなら、テレビモニターでのエネルギー使用量の「視える化」や、スマートフォンによる家電製品の制御・管理が可能。

このような課題への活用をめざします

CASE STUDY 01
家族そろって楽しく続けられるような省エネをしたい
CASE STUDY 02
どのくらい節電しているかを目で見て確認したい
CASE STUDY 03
外出先からでも便利に自宅の家電を操作して節電をしたい

主な技術・システム紹介

ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)

HEMS(ヘムス)とは、家庭で使うエネルギーを管理するシステムのこと。
家庭内のエネルギー使用機器をネットワークでつなぎ一括管理。エネルギー使用量を「視える化」したり、外出先から自宅の家電を制御をしたり、家族で楽しく続けられるエコライフを実現。
「光BOX+」のEMS版モデルでは、従来のコンテンツに加え、このHEMS機能が利用できる。

イメージ

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

ZEH(ゼッチ)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により快適な室内環境をつくり、HEMSなどを活用した省エネを同時に実現した上で、太陽光発電等によって家庭内で消費するエネルギーをおおむねゼロにする住宅のこと。
経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っている。

利用者の声

お客さまの声

「テレビでエネルギー使用量がわかるので、親子でエコライフを実践している。また、外から家電をスマートフォンでコントロールできる機能は便利。」

※本記載内容は、2016年10月26日時点のものです。

導入サービス

    審査 18-2614-1