このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本はICTで社会課題の解決に貢献します  ICT活用事例一覧  Private LoRa®ネットワークと小型化・軽量化したデバイスを活用した駅伝ランナーの位置情報視える化

Private LoRa®ネットワークと小型化・軽量化したデバイスを活用した駅伝ランナーの位置情報視える化

2019年2月8日掲載

2018年11月、宮崎県西都市で開催された「第69回男子・第31回女子 宮崎県中学校駅伝競走大会」において NTT西日本は、ICTを活用し、省電力かつ高頻度で位置情報を把握するためのネットワークと、選手が携行しても支障がないレベルに小型・軽量化したデバイスを活用した走者位置情報把握技術を開発し、「駅伝ランナーの位置情報視える化」トライアルを実施しました。

今回のトライアルで活用したPrivate LoRa®による無線ネットワークは、LTEに比べて省電力、かつ端末毎の回線契約が不要なため低コストで導入が可能であり、またLTE/3G等無線通信が届かないエリアであっても、中継機・親機を設置することで利用シーンや大会規模に合わせた柔軟な構成ができることが特徴です。

選手のタスキに小型デバイスを取り付けることで、電柱等に設置した中継機・親機を経由してクラウドサーバー上に位置情報が送信されます。チーム関係者や応援者は、選手のリアルタイムな位置を地図上で自身のスマートフォンやタブレット、PCのWebブラウザーで閲覧することができるため、ネットワーク環境がある場所なら、いつ、どこにいても応援ができます。

NTT西日本は、ICTで、スポーツ大会の活性化を応援しています。

※「LoRa®」の名称および関連するロゴは、Semtech Corporationの登録商標です。

<関連ニュースリリース>

Private LoRa®ネットワークと小型化・軽量化したデバイスを活用した走者位置情報把握技術の開発と検証について

導入サービス

    審査 18-2215-1