このページの本文へ移動

ここから本文です。

驚きの映像体験を生み出す「リアルタイム被写体抽出ソリューション」

2019年1月25日掲載

「レッドホース オオサカホイール」様での実証実験・イベント

<課題>

  • エンターテインメント施設ならではの魅力、体験を思い出としてお届けしたい
  • 映像を使ったコンテンツで、驚きを提供したい

<解決策>

  • 「リアルタイム被写体抽出ソリューション」を活用した映像撮影イベントを実施
  • 撮影映像からリアルタイムに来場者(人物部分のみ)を切り出し、施設の魅力であるイルミネーション映像と合成した、来場記念ムービーを作成

<結果>

  • 撮影後、お客さまをお待たせすることなく、ムービーをその場で提供
  • ご家族、ご友人、カップルなど、さまざまなお客さまがムービーを視聴、思い出としてお持ち帰りいただいた
  • 大がかりな撮影設備や特別な編集技術は不要で、イベント運営が可能

○「レッドホース オオサカホイール」様でのイベントについて、くわしくはこちら

※本イベントは2018年12月25日で終了しました。

○技術の概要
 クロマキーのような撮影設備を用いることなく、撮影映像から、リアルタイムに被写体(人物部分)映像を抽出する技術です。

被写体抽出の処理フロー

*クロマキーとは、特定の色情報を持つ領域を他の画像で置き換える手法です。
*リアルタイム被写体抽出ソリューションは、NTTサービスエボリューション研究所の研究・開発成果「Kirari!」を活用したものです。

お問い合わせ先

西日本電信電話株式会社 経営企画部 広報室
TEL:06-4793-2321
受付時間:午前9時〜午後5時30分[土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29〜1/3)を除く]
(電話番号はお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。)

導入サービス

    おすすめの関連事例

    読込中

    審査 18-2614-1