お悔やみに困ったときには…

flower

こんなお困りごと
喪中ハガキで知ったとき

マンガ:喪中ハガキで知ったとき

Q:昔お世話になった方が亡くなったと喪中ハガキで知りました。弔意(ちょうい)を表したいのですがどうするのがいいでしょうか?

A:喪中見舞い(※1)や年始状(※2)を出すのがいいでしょう。その他、お盆やお彼岸などの日を選んで訪問したり贈り物をするのもよいでしょう。電報台紙の中には線香がセットになっているものもありますので贈り物として利用してもいいでしょう。

※1  喪中見舞いとは、喪中はがきを受け取ったときに寒中見舞いよりも早く相手を気遣い見舞うもので、年内に出すのが一般的です。

※2  年始状とは、賀・慶・寿などの賀詞を控えた年始の挨拶で、いずれも最近広がってきた形式です。

哀悼の想いを伝えたいときは

文例1

文例番号 7906

電報(メッセージ)料
2,310(税込)

●●様のご逝去に際し、お悔やみも申しあげず失礼いたしました。
遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申しあげますとともに、心ばかりのお線香をお送りし、故人を偲びたく存じます。どうぞご仏前にお供えいただければ幸いです。
(104文字)

文例2

文例番号 7905

電報(メッセージ)料
2,211(税込)

このたびはご丁重なご挨拶をいただきまして恐れ入ります。
書面におきまして御社●●様のご訃報(ふほう)に接し、弊社社員一同謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様並びに社員ご一同様に心よりお悔やみを申しあげます。
(96文字)

  • ※上記の電報(メッセージ)料は、D-MAILからお申込みの場合の料金です。
  • ※電報台紙料金が別途必要です。