このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  イノベーションの創出による豊かな社会づくり  ビジネス営業の強化

ビジネス営業の強化

イノベーションの創出による豊かな社会づくり
CSR重点活動項目

ビジネス営業の強化

基本的な考え方
お客さまが抱えるさまざまな課題に対し、地域の皆さまとの密接なコミュニケーションを通じ多様なICTソリューションを提供するビジネス営業の強化により、新たな価値を創造していきます。

「視える化」指標:ビジネス営業強化に向けた取り組み

ICT活用により自治体・企業と連携した地域活性化等につながる活動件数(報道発表ベース)

2019年度目標
2019年度実績 29件
2020年度目標
関連するおもなSDGs

女性のためのリカレント教育課程に関する産学連携の協定を締結

NTT西日本は2020年2月、生涯にわたり教育と就労を繰り返すリカレント教育分野への取り組み強化を目的に、京都女子大学と「女性のためのリカレント教育課程に関する連携協定」の合同記者発表を行いました。

超高齢化に代表されるように日本社会は大きな転換期を迎え、人生100年時代の本格到来を前にリカレント教育の社会的意義は増しています。とりわけ家庭の事情によりキャリアブレイク中の女性が再び社会に出て活躍できる環境の整備は、労働力不足の解消に寄与するのみならず、女性の豊かな人生の実現という観点からも有意義です。社会の変容を受けて締結した本協定に則り、実効性の高い遠隔学習環境の提供等を含め、ICTを活用した実践的な教育プログラムを産学連携で開発し、運用していきます。

リカレント教育分野における課題をはじめ、今後もさまざまな社会課題の解決に貢献していきます。

教育プログラムのイメージ

多様なソリューションでテレワーク・オンライン授業を支援

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世の中のリモート化への動きは一気に加速しました。

在宅勤務による会社へのリモート接続やWeb会議での資料の共有、オンライン研修等、ICTの役割は高まっています。

NTT西日本グループではICTを用いてテレワークやオンライン授業の導入・運用に関する多様なソリューションを展開しています。具体的には、テレワーク中でも社員同士のコミュニケーションの維持に資するセキュリティにも配慮したビジネスチャット「elgana」や、自宅でも会社の電話番号で発着信を可能とする「ひかりクラウドPBX」/「MB500」、セミナー・研修等をオンラインで実施するための遠隔配信サービス「SmartSTREAM」等です。これらのソリューションを通じて、おもに中小企業や学校のお困りごと解決を支援しています。

また、このようなICTを活用した商材に加え、テレワーク導入に際しての補助金・助成金に関する情報提供や申請を支援する「補助金ヘルプデスク」等の相談窓口も設置しています。社会のリモート化は今後、さらなる進展が見込まれます。変容を迫られる企業や教育機関のニーズを迅速かつ的確にとらえ、お困りごとの解決に貢献していきます。

※「elgana」はNTTネオメイト、「SmartSTREAM」はNTTスマートコネクトが提供するサービス

「GIGAスクール構想」の実現に向け「GIGAスクールホットライン」を開設

ICTを基盤とした先端技術の社会全体への急速な普及に伴い、学校教育においてもICTの活用が求められています。NTT西日本では、そのような新たな学びを具現化する文部科学省の「GIGA※スクール構想」を支援し、NTTグループ主要会社、内田洋行グループとともに、自治体や学校からの問い合わせに対応する「GIGAスクールホットライン」を開設し運用しています。

変化の著しい時代の中で、多様な子どもたちがだれひとり取り残されることなく、個々の資質・能力を確実に育める教育ICT環境を実現するために打ち出された「GIGAスクール構想」では、児童生徒一人ひとりがパソコンやタブレット等の端末を保持し活用できる環境、学校内の高速大容量の通信ネットワークの整備等を中心テーマに、従来の教育実践とICTのベストミックスを図ります。それを下支えすべく、NTT西日本は「GIGAスクールホットライン」にて自治体や学校からの「整備の進め方」、「整備後の管理・運営」等の相談を受け付け、子どもたちの学習活動の一層の充実に寄与していきます。

※Global and Innovation Gateway for Allの略

閉域網サービスを用いた医療現場の働き方改革支援

近年、医療現場での長時間労働が問題視され、その解決策の1つとしてUbie株式会社の問診システム「AI問診Ubie」が注目されてきました。医療従事者が電子カルテに手作業で転記していた問診結果の入力を、患者本人がインターネットを介したAIによるサポートの下でタブレットやスマートフォン等で行えるようにするシステムで、業務効率化につながるツールとして多くの医療機関で利用されています。

一方、個人情報・プライバシー保護の観点から、よりセキュリティの高い接続形態を求める声は多いことから、2020年6月、NTT西日本・NTT東日本が運用する閉域VPN※1サービスを提供することで、高セキュリティかつ低遅延接続を実現し、AI問診Ubieの充実化を支援しました。本取り組みを通じて、医療現場での働き方改革・生産性向上の普及推進を図っていきます。

※1 Virtual Private Networkの略。ネットワーク上に仮想の回線を設定し、特定の人のみが使用できる専用ネットワーク。通常回線より高度なセキュリティが可能で、比較的安全な通信を実現する

※2 西日本エリアにおけるNTT西日本およびNTTスマートコネクトが提供する各サービスについては日本通信ネットワークよりシステムインテグレーションのうえ、提供。「クラウド クロス コネクト」のサービス提供主体はNTTスマートコネクト

手書き文書のデジタル化を促進する「おまかせAI OCR」

労働人口の減少に伴い、多くの企業で生産性向上が喫緊の課題となっています。特に定型業務の自動化を図るRPA※1は年々重要度を増していますが、従来のOCR※2の読み込み精度は低い場合があり、業務で利用する受発注帳票や請求書等のデジタル化は進んでいるとは言いきれません。

企業のそうした課題を解決すべく、NTT西日本は、AIinside株式会社が開発したAI-OCRサービスと自社のきめ細やかなお客さまサポート体制・通信ネットワークを組み合わせ、クラウドを用いたサービス「おまかせAIOCR」を2019年12月より提供開始しました。AI技術を活用して書類の文字を高精度で読み取りデータ化する同サービスは、データ入力作業の時間短縮や書類削減によるオフィスの省スペースを促進する他、情報資産の管理・共有をスムーズにし、業務全体の効率化に寄与します。

※1 ロボティック・プロセス・オートメーションの略。事務作業をはじめとしたパソコン等を用いて行う一連の作業を自動化するソフトウェアロボット

※2 Optical Character Readerの略。光学式文字読取装置

サービスの概要

SNSアプリを活用して児童の安心・安全をサポートする「児童みまもり情報配信ソリューション」

NTT西日本グループは2020年4月、自治体・学校・家庭が連携した地域ぐるみの児童みまもり情報配信ソリューションの提供を開始しました。本ソリューションは、児童が携行するみまもり端末による位置情報および特定ポイント・エリアでの検知情報と、自治体・学校からの情報配信を、保護者がSNSアプリ・メールを通じて取得します。また、自治体、学校等と連携し、地域の危険箇所情報やハザードマップ等を児童の位置と重ねて表示し、さらに不審者情報、災害情報等の防犯・防災に関わる情報配信を同一システム上で提供します。自治体・学校側からも、有事の際の児童の最新位置情報の確認や、一定期間の位置情報ログデータの確認等が可能です。緊急時の対応や、児童がよく利用する道や危険個所への立ち寄りを把握することで地域の安全対策等に活用でき、児童の通学時の安全担保につながるツールとして高い評価をいただいています。

児童みまもり情報配信ソリューションのしくみ

熊本市型アセットマネジメントシステム構築に向けた共同研究

昨今の上下水道事業は、人口減少や節水意識の向上に伴う料金収入の減少に加え、上下水道施設の老朽化や耐震化対応等の必要性もあり、より効率的な運営が求められています。

そうした背景を鑑み、NTT西日本は2020年5月、熊本市および民間5社とともに「熊本市型アセットマネジメントシステム構築に向けた共同研究」を開始しました。本研究では、熊本市上下水道局が所管する施設データを基にAI分析を行い、最適な運転管理(圧力管理)や漏水箇所を予測し、「熊本市型アセットマネジメントシステム」の構築の骨格としくみの検討と導入効果の検証を行うことを目的としています。NTT西日本は、さまざまな施設データやAI分析結果について位置情報を含めて共有プラットフォームに統合し、可視化する役割を担い、導入効果の検証を重ねつつ持続可能かつ効果的な上下水道事業運営の実現に貢献します。

IoT向けWi-Fi新規格「IEEE802.11ah」の農業フィールドトライアル

IoTの通信システムとして新たなWi-Fi規格「IEEE802.11ah(以下、802. 11ah)」が注目されています。以前から北陸地方では産官学によるIoTシーズを用いた課題解決・IoT実装が推進されており、NTT西日本は、北陸先端科学技術大学院大学、石川県加賀市等とともに、同市の奥谷梨園にて、その802.11ahの実用性評価を目的とした農業分野におけるフィールドトライアルを2020年7月に開始しました。

梨園では広大なほ場を定期的に巡回し梨の木の生育を管理する必要があり、それを人による巡回・目視確認で行うため、作業負荷がかかります。802.11ahを活用することで、ほ場に設置したカメラやセンサーで取得した情報を遠隔確認し、人手をさほど割かずに梨の木が管理できるようになると見込まれています。効果が実証できれば、季節によって環境が変わる農業フィールドでの業務効率化が期待できます。実証実験の結果を踏まえ、今後、さまざまな分野へ展開することで地域活性化に貢献していきます。

※IEEE802.11ah:920MHz帯の周波数を利用する新たなWi-Fi規格。既存のWi-Fi規格と比較して環境によっては通信可能距離が10倍以上(〜1km程度)となるため、IoTの通信システムとしてさまざまな分野で活用が期待されます

トライアルイメージ

堺市との「ICTを活用したまちづくりに関する連携協定」を更新

大阪府堺市におけるICTを活用したまちづくりの推進を目的に、2017年1月に同市と締結した連携協定を2020年1月に更新しました。

NTT西日本は、古墳のビュースポット周辺等にWi-Fiネットワーク環境を整備するとともに、NTTアドと連携し、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を用いた来訪者向けのスマートフォンアプリ百舌鳥古墳群周遊ナビの開発などに取り組むなど、協定締結当初から堺市の魅力発信誘客プロモーションや地域課題の解決に努めています。

今回の連携協定では、「歴史文化等、堺の都市魅力向上」、「都市課題の解決」、「行政事務のデジタルトランスフォーメーション推進」の具体的な項目に絞り、ICTを活用したまちづくりおよび住民サービスの向上を図る取り組みを協働で推進していきます。

2020年1月28日に執り行われた締結式の様子

大学向け電子教科書・教材および電子図書館で教育のデジタル化を推進

新型コロナウイルスの感染拡大を機に加速しつつある大学教育のデジタル化に向け、NTT西日本は大日本印刷株式会社(DNP)とともに、教育ICTプラットフォームと電子教科書・教育および電子図書館等のソリューションを推進しています。

当プラットフォームは、学生・教員がオンライン授業で利用する学内システム等からシングルサインオン※1での電子教科書・教材および電子図書館等のサービス利用を可能にします。また、出版社や書店との連携により、電子教科書・教材のオンラインでの購入や閲覧、学修管理が可能になるしくみを提供します。運用に際しては、当社の地域創生クラウド※2に各大学の配信サーバを設置し、動画等の大容量コンテンツの遅延のない閲覧・学修、授業の実施状況や学生ごとに異なる学修状況の把握が可能な環境を提供しています。このような取り組みを通じて、より質の高い教育の実現に貢献します。

※1 1つのIDとパスワードを入力して、複数のWebサービスやアプリケーションにログインするしくみ

※2 NTTグループのさまざまな技術やNTT西日本が持つ各地域のデータセンター等の設備、事業分野別のコンサルティング力、地域密着のサポート力に加え、有力なパートナー企業の先進性の高いクラウド技術を組み合わせた、地域における情報集積プラットフォーム。このプラットフォーム上で、さまざまなアプリケーションが利用できるように各地域のパートナー企業とも連携を図り、自治体が抱える産業活性化、雇用創出、高齢化対策等への対応や、人手不足に陥りがちな地域企業が求める仕事の効率化等の実現をめざす

教育ICTプラットフォームの特長
お客さまのデジタルトランスフォーメーションを加速させる共創ラボを名古屋に設立

2020年10月、お客さまのビジネスゴール達成に向けてのデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速をサポートする共創ラボ「LINKSPARK」を、大阪に続き名古屋に設立しました。東海エリアは日本の製造業の一大集積地である一方で、就業者不足や技術継承、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うサプライチェーン寸断、南海トラフ地震を想定した都市としてのレジリエンス強化など、解決すべき潜在課題が山積しています。諸問題の対応にあたる企業や自治体を、デジタル技術を駆使し、トータルコーディネートしていくのが「LINKSPARK NAGOYA」開設の主目的です。NTT西日本独自のメソッドを用いて、取り組むべきテーマの設定、デジタル人材やスタートアップとの共創、ICT実証をサポートし、お客さまのDX推進に貢献していきます。

何気ない会話からのひらめきが期待できるリフレッシュ空間

お客さまのデジタル技術活用イメージを具体化に導くさまざまなデモンストレーションを展示