このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  環境と共生した社会づくり  環境経営の推進

環境経営の推進

環境と共生した社会づくり

NTT西日本グループ環境宣言

NTT西日本グループは、「NTT西日本グループ環境宣言」をまとめました。この宣言の核となるのは、「人と地球が調和する未来 私たちは事業を通じて 環境課題の解決へ」というテーマです。ステークホルダーの皆さまとともに創っていく地球環境の未来像と、私たちが地球環境をはじめとする中長期的課題の解決に向け、事業活動を通じて貢献していく決意を描きました。

「人と地球が調和する未来」、そこでは世界中のあらゆるものがつながる持続可能な社会が実現されていると考えています。そのような未来の実現に向けて、私たちNTT西日本グループは日々の事業活動において、地球環境をはじめとする社会課題の解決をめざして取り組んでいきます。

人と地球が調和する未来について、私たちはめざすべき3つの姿として描き、「社会が脱炭素化している未来へ」「自然と共生している未来へ」「資源が循環している未来へ」としました。NTT西日本グループは、この3つの未来の姿の実現に向け、ICTサービスやソリューションの提供等により、環境貢献の最先端をめざしてさまざまな取組みに注力します。

NTT西日本グループ環境目標

顕在化するさまざまな環境課題、お客さまやサプライチェーン、地域の皆さまから、NTT西日本グループに求められるであろう重点課題の絞り込みを行いました。

その結果、社会全体の重要な環境課題のうち、社会からNTT西日本グループに事業活動上で対応が求められている特に重要な環境課題として「気候変動」「資源循環」「生物多様性」を特定しました。

NTT西日本グループは、環境宣言で掲げた「社会が脱炭素化している未来へ」「自然と共生している未来へ」「資源が循環している未来へ」の実現に向けた道しるべとして、3つの環境課題への対応を「環境目標」として設定しました。

これらの目標は、少なくとも5年ごとに見直しを行います。

社会が脱炭素化している未来へ

  • NTT西日本グループ自身による温室効果ガス排出を2010年度と比較し2050年に半減をめざします。
    また、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出削減に向けた取組みを推進します。
  • ICTにより地球環境の負荷低減に貢献するために、環境にやさしいICTソリューションの開発と提供を推進します。
  • 気候変動への適応に貢献するため、あらゆる活動を通じた取組みを積極的に推進します。
    また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます。

資源が循環している未来へ

  • NTT西日本グループが排出する廃棄物の最終処分率について、ゼロエミッションを維持します。

自然と共生している未来へ

  • 生物多様性を保全するため、あらゆる活動を通じた取組みを積極的に推進します。
    また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます。

※NTTグループでは、最終処分率1%以下をゼロエミッションとして定義しています

環境経営の推進

基本的な考え方
NTT西日本グループは、社会全体の環境負荷低減に貢献する企業をめざし、ICTを利活用した環境負荷低減や環境問題の解決に取組み、地球規模での環境問題の解決に努めます。

環境マネジメント推進体制

NTT西日本グループでは、「環境保護活動を推進することは社会とともにある企業の社会的責任である」という考えのもと、「NTT西日本グループ地球環境憲章」を制定し、地球環境の保全に努めています。この憲章に従い、さまざまな環境貢献指標の管理方法をISO14001を参考に「実行管理プログラム」として編成し、数値による実行度の管理を行っています。また、各組織における環境法規制の遵守状態、実行管理プログラムの実施状況等、環境保全対象の定着度を各組織が自ら検証することを目的として、環境セルフチェックを年1回実施しています。なお、この環境セルフチェックを客観的な見地から実施するため、主管部による環境監査を実施しています。

NTT西日本グループ地球環境憲章

グリーンNTT西日本戦略

NTT西日本グループは、「グリーンNTT西日本戦略」を2012年6月に策定しています。

環境グランドデザインの2018年度の達成状況は次のとおりです。2019年度以降は新たな「NTT西日グループ環境目標」の達成に向けて進みます。

グリーンNTT西日本戦略
環境グランドデザインの達成状況および総括

マテリアルフロー

西日本全域で事業を展開するNTT西日本グループは、事業規模も大きく、それだけに相当の環境負荷を与えています。

そのうえで、下図で示すマテリアルフローを定期的かつ定量的に把握し振り返ることで、継続的な環境負荷の低減に役立てています。

マテリアルフロー

※1 t-C :炭素換算の重量(t)

※2 Green House Gasの略。温室効果ガス