このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  環境と共生した社会づくり  環境経営の推進

環境経営の推進

環境と共生した社会づくり

環境経営の推進

基本的な考え方
NTT西日本グループは、社会全体の環境負荷低減に貢献する企業をめざし、ICTを利活用した環境負荷低減や環境問題の解決に取り組み、地球規模での環境問題の解決に努めます。

NTT西日本グループ地球環境憲章

基本理念

人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、NTTグループ地球環境憲章に則り、NTT西日本グループはグループ会社と一体となって、全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大限の努力を行います。

基本方針

1. 法規制の遵守と社会的責任の遂行

環境保全に関する法規制を遵守し、国際的視野に立った企業責任を遂行します。

2. 環境負荷の低減

温室効果ガス排出の低減などの重点課題に行動計画目標を設定し、継続的改善に努めます。

3. 環境マネジメントシステムの確立と維持

各事業所は環境マネジメントシステムの構築により自主的な環境保護に取り組み、環境汚染の未然防止と環境リスク低減を推進します。

4. 環境技術の普及

ICTサービス等の研究開発成果の積極的な社会への普及を通じて、環境負荷低減に貢献します。

5. 社会支援等による貢献

地域住民、行政等と連携した、日常的な環境保護活動への支援に努めます。

6. 環境情報の公開

環境関連情報の公開により、社内外とのコミュニケーションを図ります。

7. 生物多様性の保全

生物多様性と事業との関わりを把握し、生物多様性を将来世代に引き継ぐ為に、取り組みを推進します。

NTT西日本グループ環境宣言

NTT西日本グループは、「NTT西日本グループ環境宣言」をまとめました。この宣言の核となるのは、「人と地球が調和する未来 私たちは事業を通じて 環境課題の解決へ」というテーマです。

人と地球が調和する未来について、私たちはめざすべき三つの姿を描きました。それが「社会が脱炭素化している未来へ」「自然と共生している未来へ」「資源が循環している未来へ」です。NTT西日本グループは、この3つの未来の姿の実現に向け、ICTサービスやソリューションの提供等により、環境貢献の最先端をめざしてさまざまな取り組みに注力します。

NTT西日本グループ環境目標

NTT西日本グループは、環境宣言で掲げた「社会が脱炭素化している未来へ」「自然と共生している未来へ」「資源が循環している未来へ」の実現に向けた道しるべとして、3つの環境課題への対応を「環境目標」として設定しました。

これらの目標は、少なくとも5年ごとに見直しを行います。

社会が脱炭素化している未来へ

  • NTT西日本グループ自身による温室効果ガス排出を2010年度と比較し、2050年に半減をめざします。
    また、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出削減に向けた取り組みを推進します。
  • ICTにより地球環境の負荷低減に貢献するために、環境にやさしいICTソリューションの開発と提供を推進します。
  • 気候変動への適応に貢献するため、あらゆる活動を通じた取り組みを積極的に推進します。
    また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます。

資源が循環している未来へ

  • NTT西日本グループが排出する廃棄物の最終処分率について、ゼロエミッションを維持します。

自然と共生している未来へ

  • 生物多様性を保全するため、あらゆる活動を通じた取り組みを積極的に推進します。
    また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます。

※NTTグループでは、最終処分率1%以下をゼロエミッションとして定義しています

グリーンNTT西日本戦略

NTT西日本グループは、「グリーンNTT西日本戦略」を2012年6月に策定しています。

グリーンNTT西日本戦略

環境グランドデザインの目標と2019年度の実績は下記のリンクよりご参照ください。

環境マネジメント推進体制

NTT西日本グループでは、「環境保護活動を推進することは社会とともにある企業の社会的責任である」という考えのもと、「NTT西日本グループ地球環境憲章」を制定し、地球環境の保全に努めています。この憲章に従い、さまざまな環境貢献指標の管理方法をISO14001を参考に「実行管理プログラム」として編成し、数値による実行度の管理を行っています。また、各組織における環境法規制の遵守状態、実行管理プログラムの実施状況等、環境保全対象の定着度を各組織が自ら検証することを目的として、環境セルフチェックを年1回実施しています。なお、この環境セルフチェックを客観的な見地から実施するため、主管部による環境監査を実施しています。

※1 NTTグループの環境方針・課題別施策の決定・管理・マネジメントレビューを実施しています。

※2 NTT西日本グループのCSR推進における基本方針を策定し、経営レベルの意識の統一を図っています。

※3 NTT西日本グループの環境保護推進における基本方針の審議、施策立案、各種取り組みの進捗共有を実施しています。

※4 NTTグループ各社とも連携しながら、グリーンNTT西日本推進WGの事務局として、NTT西日本グループの環境における方針、施策の検討、及びNTT西日本グループ各社への展開、進捗の共有を実施しています。

マテリアルフロー

西日本全域で事業を展開するNTT西日本グループは、事業規模も大きく、それだけに相当の環境負荷を与えています。

そのうえで、マテリアルフローを定期的かつ定量的に把握し振り返ることで、継続的な環境負荷の低減に役立てています。

マテリアルフロー

※炭素換算の重量(t)