このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. CSR報告 2012ホーム
  2. 編集方針

編集方針

編集方針

本報告書は、NTT西日本グループのCSRに関する考え方と2011年度の取り組みをステークホルダーの皆さまへわかりやすく報告することにより、NTT西日本グループ のCSRについてご理解いただき、コミュニケーションの環を広げることを目的に作成しています。

NTT西日本グループでは、2010年から「今一度、CSR活動について考える」を キーワードに、新たなCSR活動の3つの柱「コンプライアンスの徹底」「安心・安全な社会づくり」「事業を通じた価値創造」を構築し、CSR活動に取り組んできました。

本報告書では、その3つの柱に沿って、ステークホルダーの皆さまにとって重要と 思われる情報、NTT西日本グループがお伝えしたい情報を選定して掲載しています。

報告形態

本サイトでは、報告書(冊子)の情報に加え、誌面スペースの都合などで報告書(冊子)に掲載できなかったさまざまな活動内容や事例などを掲載しており、NTT西日本グループのCSR活動をより広く、深くご覧いただくことができます。

参考にしたガイドライン

  • ●GRI「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン」3.1版
  • ●環境省「環境報告ガイドライン2012年版」

GRI(Global Reporting Initiative の略)は、企業の「持続可能性報告書」の国際的なガイドラインを発行している国際的組織で、UNEP(国連環境計画)の公認協力機関。世界各国の企業、コンサルタント、NGO、会計士団体、事業者団体などのマルチステークホルダーが参画しています。

対象範囲

  • ●基本的にNTT西日本、NTT西日本グループ39社およびNTTビジネスアソシエ西日本を対象とし、NTT西日本単体を示す場合は「NTT西日本」と表記しています。
  • ●対象範囲の異なる場合は個別に記載しています。

対象期間

  • ●2011年4月1日〜 2012年3月31日

*一部内容に2012年4月以降の活動と将来の見とおしを含みます。