このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. CSR報告 2011ホーム
  2. 事業を通じた価値創造
  3. 社員に対する価値創造
  4. いきいき共生運動

NTT西日本グループ CSR報告 2011

事業を通じた価値創造

社員に対する価値創造

いきいき共生運動

すべての社員が「信頼と共生」に基づき互いに認め合い、自己の能力を最大限に発揮することのできる企業文化・風土づくりに向けて「いきいき共生運動」を展開しています。NTT西日本グループでは、これまでも一人ひとりが自己の能力を発揮して自分らしく働き、いつまでもこの会社で働いていたいと思えるような企業文化・風土づくりに取り組んできました。

この取り組みをより強化するため、2008年4月には「いきいき共生推進室」を設置し、「いきいき共生運動」の推進に取り組んでいます。運動開始後、『女性社員のキャリア開発支援』『障がい者の雇用推進』等多様化する社員のキャリア開発を支援するとともに、これらを支える『ワーク・ライフ・バランスの推進』、『社員の意識醸成』に取り組んでいます。NTT西日本グループ全社でのより積極的な運動推進に向け、2010年8月にはグループ全体でフォーラムを行う等運動推進責任者の育成、優良施策の展開にも取り組んでいます。

社員意識の醸成に向けた取り組み

多様な人材の活躍推進に向けては、NTT西日本グループ全社における運動推進責任者の意識醸成を図ることを目的として「いきいき共生フォーラム」を開催し、基調講演実施などにより社員の意識改革を行いました。

また、西日本グループ各社で働く多くの社員に対し、多様な人材の活躍推進に向けた取り組みについての理解を深めることを目的に、イントラネット上での「eラーニング」研修を実施しました。ここで寄せられた社員要望を受けて、上司・部下の面談を題材にした実例に基づくケーススタディを研修として実施することで社員一人ひとりが自らのライフステージとキャリア形成のあり方を振り返るとともに、職場で働く異なる価値観を有する社員に対してお互いの意識や価値観を認め合うことの大切さを改めて実感する機会を提供しています。

審査 11-2123-1