このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. CSR報告 2011ホーム
  2. 事業を通じた価値創造
  3. 地域社会に対する価値創造
  4. グループ会社の取り組み

NTT西日本グループ CSR報告 2011

事業を通じた価値創造

地域社会に対する価値創造

グループ会社の取り組み

あしなが育英会への募金活動

NTTビジネスアソシエ西日本では、「あしなが育英会」(病気や災害・自死)でお父さんやお母さんが亡くなり、また後遺障がいのため働くことができず教育費に困っている高校生や大学生・専門学校生に奨励金の貸与と心のケアを行い将来社会に貢献する人材を育成することを目的に設立)の趣旨に賛同し、一昨年(2009年)より、社員から募金を募り、「あしなが育英会」への寄付活動を続けております。寄付物品については現金以外の未使用の「はがき」、「切手」、「テレホンカード」、「図書カード」、「収入印紙」または商品券・ビール券等とし、この寄付物品を半期毎に社員から募り「あしなが育英会」に寄付することとしています。

寄付額については、一昨年に比べ昨年度は大幅な増額になり、社員一人ひとりの「社会貢献意識」の高揚が図れています。

今後もこの活動を続けていくことにより、世界の遺児一人ひとりの自助・自立へとつなげていく支援活動に寄与したいと思っています。

介護サービスの提供を通じた社会貢献

テルウェル西日本は、「安心・安全・信頼」をモットーに常に真心と優しさでご利用者様に接し、「明日もここで過ごしたい」と思っていただける介護サービスを提供します。

ご利用者様の今までの生活環境を大切にしながら、尊厳を保てる生活が継続して営めるように、介護サービスを安心かつ継続してご提供するため、ご本人様やご家族様と相談し、最も必要な支援は何かと問いながら、ご利用者様一人ひとりに合った介護サービス「パーソン・センタード・ケア」の提供をめざしています。

今後のさらなる高齢社会において、いつでも、どこでも、どなた様にも心から安心して利用していただくことができる介護サービスの提供を通じ、地域社会に貢献します。

審査 11-2123-1