このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. CSR報告 2011ホーム
  2. 安全・安心な社会づくり
  3. 社員の安心・安全確保
  4. Topics 安全大会 2010 in 関西

NTT西日本グループ CSR報告 2011

安心・安全な社会づくり

TOPICS2010

安全大会 2010 in 関西

作業者一人ひとりの安全意識の高揚のために、日常作業に潜んでいる危険ポイントの再認識や人身事故発生後の応急措置方法について実演を通じて再認識する場として、毎年10月に各地域単位で「安全大会」を開催しています。

危険に対する感性を磨く取り組み

NTT西日本グループでは労働災害根絶の取り組みの一環として、安全意識の醸成とさらなる安全の取り組みを強化することを目的に、各地域(関西・東海・北陸・中国・四国・九州)単位でNTTグループ会社と通信建設会社が一体となった「安全大会」を開催しています。

安全大会 2010 in 関西では事故の再現、講話を通じた体験、各種展示により知識向上と安全意識の高揚を図る取り組みを実施しました。事故の再現コーナーでは、安全作業の大切さを理解するため、作業環境の悪い屋外での転落事故や道路上作業での車両飛び込まれによる交通事故を生々しく再現し「事故の恐怖と日常作業の中に潜む危険」を実感してもらいました。体験コーナーでは人身事故発生時の正しい措置やAEDの使用方法について講習を通じて実際に体験し学ぶとともに、展示コーナーで各メーカーから紹介された安全グッズや作業効率化ツールの説明を受けるなど、安全に関する知識の向上と安全意識の高揚につなげています。

これら安全大会の一連の活動によって社員一人ひとりが「危険に対する感性」を磨き、事故の未然防止と労働災害ゼロの職場づくりに取り組んでいます。

審査 11-2123-1