このページの本文へ移動

ここから本文です。

ハイ・スーパーディジタル

  • 長期継続利用割引
  • 高額利用割引
  • SLA

多重アクセスサービス

同一場所に設置される複数のハイ・スーパーディジタル回線を同一インターフェイス上で多重化して1台の回線終端装置(DSU)によって、提供するサービスです。

多重アクセスサービス

  • 多重化される側の施設設置負担金が2回線目以降は不要となります。また回線専用料も2回線目以降は減額されます。
多重アクセスサービスによる減額
品目 単位 減額(月額 税抜)
64kbit/s・128kbit/s 1引込線ごと 2,430円
192kbit/s~6Mbit/s 18,000円
  • 回線終端装置(DSU)の台数が少なくなるので回線終端装置(DSU)使用料が削減され、同時に省スペース化も図られます。
  • TDM通信ボードの削減ができます。

提供条件

  • ハイ・スーパーディジタルのみの提供となります。(ディジタルアクセスは不可)
  • 多重アクセスの伝送速度(インターフェイス速度)には、1.5Mbit/sと6Mbit/sの2種類があります。
  • 多重アクセスは、ハイ・スーパーディジタルの利用回線数が2回線以上で、その速度の合計が192kbit/s以上になることが必要です。また、同一の契約者(共同契約者)のものに限ります。
  • 128kbit/s以下のものと192kbit/s以上のものが混在するときは,192kbit/s以上のものを1回線目とします。
  • 回線の行先別の収容位置(タイムスロットの位置)は、お客さまに指定していただきます。

ページの先頭へ

審査 19-2529-1