このページの本文へ移動

ここから本文です。

■ インバウンドコンタクトセンター(受電集約)

店舗や支店等、複数窓口における共通的な電話応対を1つのセンターに集約し、業務効率化やサービスレベル強化、VOC(お客さまの声)活用に貢献します。

課題

  • 複数の支店や店舗において、お客さまからの様々な電話応対にかかる業務が負担になっている
  • 支店や店舗でお客さまからの電話に即応できず、クレームや機会損失につながっている
  • 対応者によりお客さまに伝える情報が異なり、サービス品質にバラツキがある
  • 各支店や店舗に入るお客さまの声を一元的に把握できない
インバウンドコンタクトセンター(受電集約) 課題イメージ

導入効果

  • 広範囲に分散している受電窓口を、電話番号変更することなく集約し、業務効率化を実現します
  • 支店や店舗が本来業務に専念できる環境を構築することで、業務品質・お客さまサービス向上、営業力強化につながります
  • 電話がつながらずにお客さまをお待たせする状況を改善できます
  • 経営戦略等の意思決定に必要な情報の一つとして、お客さまの声を一元的に収集できます
  • お客さまデータの統合を行い、社内連携を強化できます

導入イメージ

インバウンドコンタクトセンター(受電集約) 導入イメージ
審査 20-2028-1