音声プラットフォーム音声プラットフォーム

特徴

お客さまからの着信呼を一定ルールで振り分け、制御するとともに、オペレーターの稼働状況を把握・分析することで、業務の視える化を実現し、効率化に貢献します。

こんな課題ありませんか

  • 電話に出る人が偏っている
  • 人為的な誤ダイヤルによる誤った相手先への発信が多発している
  • 手作業での各種集計業務で稼働がかかっている

導入
メリット

  • オペレーターの状況に合わせた着信振分けによる業務の平準化
  • 自動発信による誤ダイヤルの防止と業務効率化を実現
  • センター業務状況の把握・管理と集計業務の効率化が可能

利用イメージ

音声プラットフォーム 利用イメージ

クラウド型音声プラットフォーム

※サービスメニューの詳細ボタンより、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトの公式ホームページへ遷移します。

ACD(自動着信呼分配装置)

  • 一定ルールを設けて、オペレーター稼働の平準化が可能
  • ルールに基づいた着信呼の自動分配・コントロールにより、センターの品質向上や効率化が可能

統計管理機能

  • センターの目標である KPI(重要業績評価指標)を定義し、統計情報をもとに管理・運営することで、センター業務の課題の視える化を実現

通話録音機能

  • 通話内容はサーバー内にファイル形式で保存され、日時や内線番号などでスムーズに検索・再生が可能

アウトバウンド機能

  • システムに登録した顧客情報などから発信することにより、人為的な誤ダイヤルをなくすことが可能
  • オペレーターの待ち受け状況に応じてシステムから自動発信を行うことにより、オペレーターの応答待ち時間の削減が可能

SV支援機能

  • スーパーバイザーがオペレーターの通話内容をモニタリングすることで、的確な指示を出すことが可能
  • 顧客とオペレーターの応対トラブルの回避や、トラブル発生時の実態確認が可能
  • 一定ルールを設けて、オペレーター稼働の平準化が可能

NTT西日本グループにおまかせ

オンプレミス型からクラウド型までお客さまの業務内容に合った音声プラットフォームをご提案します。

審査 19-522-1