このページの本文へ移動

ここから本文です。

スポーツの可能性はICTでもっと広がる。
先駆的な取り組みを続ける
「全日本フェンシング選手権」をICTでサポート。
共感・熱量までも届ける新たな観戦体験に挑戦。

コンセプト

人は何故、スポーツに惹かれるのか。

誰かを応援し、そこに自分を重ね合わせたとき

心が震え、生きる喜びを実感する。

変わっていく世界で、ただ元に戻るだけじゃつまらない。

伝わる、その先へ、共感を加速する。

スポーツで生きる喜び・幸せを全ての人へ。

スポーツの持つ可能性を「ICT」の力で拡張していく。

Fencing Next Era Challenge

プロジェクト概要

「Fencing Next Era Challenge」とは日本フェンシング協会主催「全日本フェンシング選手権」の開催準備・大会運営を、NTT西日本グループがICTでサポートし、新しい時代の「新しい競技スポーツ大会」の実現にチャレンジするプロジェクトです。

大会運営準備から決勝まで、
全日本フェンシング選手権をICTでサポート。
新たな観戦体験の実現に向けてチャレンジしました。

2021年11月6日に開催された第74回全日本フェンシング選手権大会。新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しながら、「六本木ヒルズアリーナ」という初めての屋外会場で2年ぶりの有観客での大会となりました。大会はライブ配信もされリアルとオンラインの両面でフェンシングを通じた「感動体験」が提供されました。

史上初の屋外で開催された決勝戦でトップアスリートによる熱い戦いが繰り広げられました!

CASE REPORT

選手の動きを感じる共感体験なりきり体感観戦

映像・音声に加え、「選手の戦う振動」 を静岡県沼津市のサテライト応援会場に伝送。
子どもたちは選手と一体となって試合を観戦。

映像・音声に加え、「選手の戦う振動」 を静岡県沼津市のサテライト応援会場に伝送。
子どもたちは選手と一体となって試合を観戦。

男子サーブル決勝では静岡県沼津市にあるフェンシング拠点施設「F3 BASE」にサテライト応援会場を設置し、沼津市の小・中学生のフェンサーをご招待。決勝戦を行っている六本木とつなぎ、映像・音声だけでなく、試合会場から男子サーブル選手の足の踏み込みや剣がぶつかり合う音を「振動」として伝えることで、まるで選手と一緒に戦っている感覚で応援できる体験を実現。ニューノーマル時代の新しい観戦体験を提供しました。体験した子どもたちは「自分が戦っているみたい」「選手がポイントを取って喜んでいるときも振動が伝わり、選手の情熱が伝わってきた」など、選手に共感した様子で、いつもより熱い観戦を楽しんでいました。

なりきり体感観戦の仕組み

試合映像と合わせて、選手の踏み込みや剣のぶつかり合う音を、サテライト応援会場へ伝送し、観戦者の足と手に振動として届けます。観戦者は、足下から臨場感を感じるだけでなく、映像の中の選手の動きに合わせて手を動かしながら振動を感じるので、あたかも、自分が選手になりきったような感覚で観戦することができます。

なりきり体感観戦 六本木会場(試合会場)と沼津会場(サテライト応援会場)

2020年度の取り組みはこちら

NTT西日本は「第73回全日本フェンシング選手権大会・女子エペ決勝」
ゲームスポンサーとして、NTTの研究所協力のもとICTを活用した2つのトライアル体験を通し、
新たな観戦スタイルを提供しました。

ハートビートエクスペリエンス

選手の熱い鼓動に触れる体験

詳しくはこちら

別の会場で応援するご家族に、試合中の選手の鼓動を感じながら観戦していただきました。仕組みは、選手が装着した心拍計のデータを、ご家族が持つデバイスに伝送し、選手の鼓動を「振動・光」として体験するもの。選手との一体感が生まれ、応援に熱が入ると共に、「こんなにドキドキしているなんて、見ていられない、がんばって!」というご家族ならではの思いも。中継の動画配信画面にも心拍数を表示。試合展開とともに変化する選手の鼓動から、緊張感が伝わってきました。

閉じる

リモートハイタッチ

別会場の家族と選手が喜びを分かちあう体験

詳しくはこちら

試合会場の選手と別の会場で応援するご家族がハイタッチ。仕組みは、それぞれの会場に設置された透明のボードに触れられた振動を計測し、遠隔に映像と共に伝達するもの。試合直前の選手の興奮・意気込み、勝利の喜び、応援者のねぎらいなど、離れた場所からの観戦でも双方向のコミュニケーションをとることができます。選手からも「試合直前・直後に家族とハイタッチできるなんて感動!力になりました!」とのコメントが。スポーツの感動・喜びを伝えあう新しい取り組みです。

閉じる

※記載内容は2020年10月時点のものです。

2021年9月16日~18日の全日本フェンシング選手権・予選は「Withコロナ」におけるスポーツの在り方に試行錯誤を重ねる中、無観客での予選となりました。昨年以上にICTで共感や熱量を届けられるように、ニューノーマル時代における大会運営の一環として、新たな視聴体験に挑戦しました。

CASE REPORT

離れていても熱い戦いと
繋がることに貢献したライブ配信

離れていても熱い戦いと
繋がることに貢献したライブ配信

フェンシングの感動・熱狂の3日間をビデオプラットフォームサービス「SmartSTREAM」を使い、オンラインでライブ配信。安心安全を最優先にしつつも、熱い戦いと離れていても繋がることができる支援を実施しました。配信を担当した運営メンバーからも『管理画面がわかりやすく、簡単に配信することができた』『スタッフを最少におさえたにも関わらず、配信も柔軟にコントロールできた』などのお声をいただき、スポーツの楽しみ方の一助となりました。

※「SmartSTREAM ビデオプラットフォームサービス」は、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社が提供するサービスです。
※NTT西日本は、本サービスの販売取次ぎを実施します。
SmartSTREAMって何?

ビデオプラットフォーム
サービス

スポーツの感動・熱狂の瞬間を、動画配信で観客に届ける

安定したライブ配信、必要な機能を選んで設定できる、動画配信システムで、新たな観戦スタイルの創造にチャレンジ!

SmartSTREAMは、動画をインターネットで簡単に配信するための、
ストリーミングサーバー・動画配信システムです。

わかりやすい管理画面で
簡単アップロード

動画のアップロードから配信まで簡単操作のCMS(コンテンツマネジメントシステム)を採用。再生プレイヤーのカスタマイズ、公開設定、視聴分析まで一つの画面で。

アップロードから配信までの流れ

動画配信に必要となる機能をワンパッケージでご提供。エンコーダーや配信サーバーなどの専門機器、再生プレイヤーの配信ページの準備も不要。配信したい動画コンテンツとインターネット環境で気軽に始められます。

※視聴分析機能は「セレクトプラン」で追加できます。「シンプルプラン」には含まれません。

SmartSTREAMについて
詳しく見る

※「SmartSTREAM」公式サイトに移動します。


Smart 8K Viewer

Smart 8K Viewer

会場全体を8Kカメラで撮影

会場全体を8Kカメラで撮影

日本フェンシング界の歴史に新たな一歩を刻んだ男子エペでは、新たな取り組みとして一人ひとりの観たいを実現する「ユーザー主体の視聴環境」の実証実験を実施。フルHDの16倍のきめ細やかさを誇る8Kカメラを使用し、一瞬も目が離せない選手の熱い戦いを撮影。

※本取り組みは、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社による取り組みです。

会場全体の映像から観たい部分を選択

※写真はイメージです

動画にも関わらず、観たいところをピンチイン/アウトができる

見ている部分だけを高画質で送るパノラマ超エンジンを活用することで、スマートフォン・タブレットのピンチイン/アウト操作で、「観たい試合」を綺麗な映像のままズームアップすることが可能となりました。
後日、この映像を見ていただいた日本フェンシング協会関係者からは、「ピンチイン/アウトしても映像の乱れがなく、スムーズに試合を見ることができました。試合会場全体の空気感と各ピストの張りつめた空気を両方楽しむことができ、これまでにない新しい観戦体験を得ることができました。」などのコメントをいただき、共感の加速に貢献しました。

「パノラマ超エンジン」による
8K観戦体験はこちら
注目の男子エペ予選を公開中!

※NTTスマートコネクト公式サイトに移動します。

  • 「パノラマ超エンジン」の映像視聴には専用アプリが必要です。
  • 「パノラマ超エンジン」はNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。独自のアルゴリズムにより、見ている部分のみを高画質で送ることで、低ビットレートでも高精細な360°動画配信を実現することができます。

その他のリモートワーク・テレワーク商材も
取り扱っています。

テレワーク導入サポートについて

大会運営業務のリモート化・
効率化【elgana(エルガナ)】

運営スタッフのコミュニケーション基盤として、NTT西日本グループのビジネスチャット「elgana」を活用。リモートでも、気軽に、活発にコミュニケーションを図ることができる環境を構築。またビジネス向けのセキュリティ下で、安心して図面や資料のやりとりをすることも可能、業務の効率化をサポートします。

ビジネスチャットアプリ

運営スタッフのワークスタイル
変革をICTでサポート

ビジネス向けのセキュアな環境下で、「時間・場所」にとらわれない快適なコミュニケーションを。
NTTグループのビジネスチャットアプリ「elgana」でワークスタイルの変革にチャレンジ!

※「elgana」はNTTビジネスソリューションズ株式会社の提供するサービスです。
  また、「elgana」はNTTビジネスソリューションズ株式会社が商標登録済みです。
※NTT西日本は本サービスの販売取次ぎを実施します。

elganaって何?

NTTグループの
国内データセンターで運用する、
企業向けセキュリティ機能を具備した「ビジネスチャットサービス」です。

  • 1対1やグループで使える
    チャット機能で連絡をスムーズに。
  • ビジネス向けの
    セキュリティ機能により、
    情報漏えいや不正利用の対策に。
  • 用途に応じて、モバイル版※と
    Webブラウザ版の両方を利用できる。

※モバイル版のご利用には、スマートフォン用のアプリのダウンロードが必要です。
アプリのダウンロード、トークや音声通話には通信料が発生する場合があります。

その他のリモートワーク・テレワーク商材も
取り扱っています。

テレワーク導入サポートについて
審査 22-97-1