このページの本文へ移動

ここから本文です。

LPWAを活用した産業支援・振興
「Fukuoka City LoRaWAN™」実証実験

    2018年7月6日掲載

    課題

    • 福岡市は産業支援・振興の一環として、IoT分野の事業支援や、IoTを活用した街づくりに取り組んでいる。
    • IoT事業・サービスの参入障壁となる「通信コスト」と「消費電力」の二つの課題を解消したい。

    解決策

    • 福岡市・NTT西日本グループが連携し、「省電力・長距離」の通信を実現する「LPWA」を活用し、市内広域に「Fukuoka City LoRaWAN™」を構築し、実証環境を提供。
    • 実証環境を通じ、各種IoTデバイス・センサー・アプリケーション等を組み合わせることで、さまざまな企業・研究機関における、IoT活用サービスの実証実験が可能になった。
    • ※LoRaWAN™の名称は、Semtech Corporation の商標です。

    結果

    • 「IoT保育園」や「河川の水位監視」など、「防災」「保育・教育」「ガス・水道」「農業」などの分野で、「LPWA」を活用したさまざまな実証実験が行われている。
    • 自治体主導のIoTネットワーク整備により、地域の新サービス創出や産業振興・支援が進んでいる。

    関連情報

    ニュースリリース(福岡市におけるLoRa®Network実証環境提供業務の採択、および実証環境利用企業の募集について)

    導入サービス

      サービスのお問い合わせや見積依頼など、
      お気軽にご相談ください

      審査 22-S100-1