このページの本文へ移動

ここから本文です。

驚きの映像体験を生み出す
「リアルタイム被写体抽出ソリューション」

    2019年1月25日掲載

    「レッドホース オオサカホイール」さまでの実証実験・イベント

    <課題>

    • エンターテインメント施設ならではの魅力、体験を思い出としてお届けしたい
    • 映像を使ったコンテンツで、驚きを提供したい

    <解決策>

    • 「リアルタイム被写体抽出ソリューション」を活用した映像撮影イベントを実施
    • 撮影映像からリアルタイムに来場者(人物部分のみ)を切り出し、施設の魅力であるイルミネーション映像と合成した、来場記念ムービーを作成

    <結果>

    • 撮影後、お客さまをお待たせすることなく、ムービーをその場で提供
    • ご家族、ご友人、カップルなど、さまざまなお客さまがムービーを視聴、思い出としてお持ち帰りいただいた
    • 大がかりな撮影設備や特別な編集技術は不要で、イベント運営が可能

    ○技術の概要
    クロマキーのような撮影設備を用いることなく、撮影映像から、リアルタイムに被写体(人物部分)映像を抽出する技術です。

    被写体抽出の処理フロー

    被写体抽出の処理フロー

    • *クロマキーとは、特定の色情報を持つ領域を他の画像で置き換える手法です。
    • *リアルタイム被写体抽出ソリューションは、NTTサービスエボリューション研究所の研究・開発成果「Kirari!」を活用したものです。

    導入サービス

      サービスのお問い合わせや見積依頼など、
      お気軽にご相談ください

      審査 22-S100-1