このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本はICTで社会課題の解決に貢献します   社会インフラ維持×ICT  取り組みイメージ動画 IoTの町 篇

取り組みイメージ動画IoTの町 篇

今回のテーマは、「IoT(Internet of Things)」。とある自治体の「まちづくり課」職員がめざすのは、IoTを活用した「スマートシティ」の実現。NTT西日本とタッグを組み、様々な分野のパートナーからアイデアを募ります。

河川水位センサー、水道スマートメーター、スマートゴミ箱、等々。これらを使って、より快適で住みやすい「スマートシティ」は果たして実現するのでしょうか・・・?

「スマートシティ」の実現に向け、様々なモノをインターネットにつなげるネットワークとして今注目されているのが、LPWA(Low Power Wide Area)。
以下、NTT西日本のIoT向けLPWAネットワークのフィールドトライアルをご紹介します。

LPWAとは

  • LPWA(Low Power Wide Area)とは、IoT/M2Mに適したバッテリー消費量が少なく、1つの基地局で広範囲なエリアをカバーできる通信分野です。
  • 2015年頃から欧州企業を中心に先行展開。複数のメーターを同時にネットワークに接続する検針分野などを中心に活用されています。
  • ※ M2Mとは、Machine to Machine(マシーン・ツー・マシーン)の省略形で、機器間の通信を意味します。

図:LPWAとは

LPWAの活用シーン

  • NTT西日本グループが提供するネットワークとパートナーが所有する各種デバイス・センサー等を組み合わせ、実用性の検討を行うとともに、多彩な分野におけるIoT活用シーンを創出します。

図:LPWAの活用シーン

おすすめの関連事例

読込中

他の事例を見る

審査 18-1124-1