NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 外科

外科外来担当医表

概要

消化器外科を中心に一般外科および乳腺外科についても対応しています。
外来診療は、一般外科疾患診療と乳腺外来診療を行なっています。
検査は、消化器精査(造影や内視鏡や超音波など)、乳房精査(超音波や針生検など)も行います。
手術に関しましては、一般外科疾患(皮下腫瘍性病変、虫垂炎、肛門疾患、鼠径ヘルニアなど)、消化器癌(胃癌、大腸癌、膵癌など)、乳癌などの手術を担当しています。

診療について

当科では消化器疾患として胃・大腸・食道・肝臓・胆道系・膵臓を中心に、また内分泌領域としては乳腺疾患を、そして鼠径ヘルニアや痔疾患の手術も専門としております。 以前より乳癌検診には力を入れております。また胆嚢結石症や胆嚢ポリープのみならず胃癌や大腸癌に対しても積極的に腹腔鏡下手術を施行し、合併症もなく手術件数も増加してきており、患者さんの早期社会復帰をめざしております。

日常診療では外来は予約診を中心とし、入院患者さんにはクリニカルパスをいち早く導入した診療計画に基づいて入院コストの削減を実現し、平均在院日数も14日以内に短縮してサービスの向上を図っています。尚ヘルニア等の小手術では術後2から4日間の短期入院コースも用意しております。

胃切除術・大腸切除術

普通切除の場合は術後2週間を目途に退院できるパスを作っております。

胆石症

腹腔鏡下手術を主として施行し、前日入院、術翌日より歩行・食事開始し、術後3日目以降いつでも退院可能としております。

その他

膵頭十二指腸切除術、食道癌手術、肝切除術など大がかりな手術も施行しております。

乳癌については、日本乳癌検診学会に基づいた検診を心がけており、癌の進行度によりインフォームドコンセントに基づいて放射線療法を加味した縮小手術を積極的に行っております。 ※ 名古屋市委託事業の乳がん検診は月曜から金曜までの毎日、午前中に予約なしで実施しております。

種々の癌患者に対しては、こまめに再発・転移のチェックを行うばかりでなく、適切な術後補助化学療法を行い、 進行癌や再発・転移症例に対しては個々の症例に応じた化学療法を定期的にかつ積極的に施行しております。

すべての診療においてインフォームドコンセントを重視し、新しい治療ガイドラインに準拠した治療を選択し、診療および手術のレベルアップをめざしております。

医師紹介

氏名 所属学会 専門領域
副院長兼外科部長
福井 拓冶
日本外科学会認定外科専門医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医
第二外科部長
上田 修久
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器病学会専門医
臨床研修指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

PAGE
TOP