NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科外来担当医表

概要

耳鼻咽喉科では、耳・鼻・咽喉(のど)の病気を診療しています。耳・鼻・のどは、聴覚、嗅覚、味覚などの感覚や、呼吸、発声、食事など、生きていくのに必要な基本的機能をつかさどっています。
従って、耳鼻咽喉科の疾患は (生活の質)に大きく関係します。お子様の中耳炎、花粉症、へんとう炎など、一般的によく知られている病気のほか、めまい、顔面神経麻痺、睡眠時無呼吸症候群、首から上の腫瘍(できもの)など、さまざまな疾患を取り扱っています。

診療について

常勤医1名と名古屋市立大学病院から派遣された非常勤医2名で診療を行っています。病気の重症度に応じ、入院治療や、専門施設への紹介も行っています。すべての患者さまに満足していただけるように、丁寧な診療を心がけています。

対象疾患

耳疾患

耳介の病変、外耳炎、中耳炎、難聴、耳鳴りなどの診断・治療を行っています。特に就学前の小さなお子さんは風邪をひくと中耳炎を合併しやすいので、異常を感じたらお越しください。難聴や耳鳴りに対し、オージオメータを用いた聴力検査、聴性脳幹反応検査、耳管機能検査、画像検査等による精密検査を行っています。

難聴の改善が難しく、会話に支障を感じている方に対しては、補聴器の相談を行っています。

鼻疾患

花粉症を含むアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害等の診断・治療を行っています。

スギ花粉とダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対し、舌下免疫療法を行っています。免疫療法は、現時点でアレルギー性鼻炎を完治させる可能性のある唯一の治療法です。

薬による治療で効果が不充分なアレルギー性鼻炎の方には、アルゴンプラズマ凝固装置を利用した下甲介粘膜焼灼術を行っています。

慢性副鼻腔炎や、一年を通して鼻づまりの症状がある方で、お薬の治療で効果が不充分な方には、鼻内手術を行っています。

嗅覚障害の方には、嗅覚検査や画像検査などを行って原因部位を調べ、治療を行っています。

咽喉頭疾患

のどの病変、味覚障害、嚥下障害などの診断・治療を行っています。 NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)システムを使ったCCDカメラで咽頭や喉頭の観察を行っています。声がれが続く方には、発声機能計や喉頭ストロボスコピーを用いた検査、発声指導等を行っています。

扁桃炎を繰り返す方や、扁桃肥大のため中耳炎やいびきが治らない方に対しては、扁桃摘出術や咽頭形成術、ポリープや声帯の腫れなどが原因で声が出にくい方には、喉頭微細手術を行っています。

味覚障害に対しては、貧血の有無や亜鉛値を計測して原因を調べ、治療を行っています。

ものが飲み込みにくい、むせやすいなどの症状がある方には、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査などによる嚥下機能検査および栄養指導や嚥下指導を行っています 。ご希望の方には、摂食嚥下機能回復を目的とした入院治療も行っています。

頚部疾患

甲状腺、唾液腺、リンパ節などの病気に対して診断・治療を行っています。
首にできるしこりには、甲状腺の腫瘍、耳下腺・顎下腺腫瘍、頚部嚢胞、リンパ節腫脹などがあります。

超音波診断装置・コンピュータ断層撮影(ComputedTomography、CT)・核磁気共鳴画像法(Magnetic resonance imaging、MRI)などの画像検査や病理学的検査を行っています。

めまい

めまいの症状や原因は人それぞれ違いますが、内耳の病変が原因で起きるめまいも少なくありません。平衡機能検査、ビデオ式眼振計測装置 (VOG)検査、重心動揺計検査、画像検査などを行い、平衡機能障害の状態やめまいの原因を調べます。薬物療法、理学療法等の治療を行っています。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は、顔(多くの場合片方)が動きにくくなる病気です。
怪我や中耳炎に伴い起きることもありますが、原因がわからず突然発症する場合もあります。脳の病気がないか調べたうえで、筋電図検査(Electroneuronography ENoG)により予後診断を行い、治療を行っています。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome,SAS)

いつもいびきが大きい、睡眠中に呼吸が止まる、夜間に何度も目が覚める、睡眠時間が充分なのに昼間の眠気が異常に強い、などの症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
簡易型モニターによるスクリーニング検査の他、終夜睡眠ポリグラフ検査 (Polysomnography、PSG)による精密検査も行っています。

異常が判明した方には、上気道手術、薬物療法、栄養指導、経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressure、 CPAP)などの治療や、背枕治療、マウスピース治療のご紹介を行っています。

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)

病院に一泊して夜間に検査を行います。
脳波、鼻からの気流、動脈血中の酸素濃度、心電図、体の動きなどを一晩じゅう計測し、睡眠の状態を詳しく調べます。
入院料金は個室代も含め、3割負担の方で税込約35,000円です。
詳しくは診察時にご相談ください。

嚥下アセスメント「水分と食事に関する情報」質問紙

嚥下アセスメント「水分と食事に関する情報」質問紙

医師紹介

氏名 所属学会 専門領域
耳鼻咽喉科医長
服部 綾
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
アレルギー

PAGE
TOP