NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 内科 > 内視鏡センター

内視鏡センター

概要

内科の一部門であった内視鏡室を内視鏡センターと改名し、現在では充実した医療を提供しております。内視鏡検査を受ける前に漠然とした不安を感じたり、検査はとてもつらいと考えている患者さんは多いと思います。

当内視鏡センターでは苦痛の少ない内視鏡検査を効率よく実現できるように努めております。自動患者監視装置を設置し、血圧、脈拍、血中酸素濃度など患者さんのモニタリングを行い、安全に配慮した看護の提供を行っております。

内視鏡学会のガイドラインに則って、内視鏡機器の洗浄を行い、内視鏡に伴う感染の防止にも努めています。当院で検査を受けられた患者さんが再び当院での検査を希望されますように職員一同、細心の注意を払い検査を進めています。

検査の種類

1) 上部消化管内視鏡検査

食道、胃、十二指腸疾患に対する内視鏡診断とともに、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法、早期胃癌に対する内視鏡的治療、内視鏡的胃瘻造設術などを行っています。
苦痛の少ない経鼻内視鏡検査も導入しています。

2) 下部消化管内視鏡検査

近年、大腸疾患は増加傾向にあります。(厚生労働省 厚生労働統計より)
大腸ポリープ、早期大腸癌の診断および内視鏡的治療を行っています。

3) 胆膵内視鏡検査(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)

胆管結石症に対する内視鏡的乳頭切開術、乳頭バルーン拡張術による結石除去、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆汁ドレナージ術などを行っています。

実績

  平成26年度 平成27年度
上部消化管内視鏡検査 3786件 3667件
下部消化管内視鏡検査 467件 475件

スタッフ紹介

ベテラン消化器内視鏡技師2名、経験豊富な看護師2名、臨床工学技士1名、看護補助3名のスタッフで内視鏡業務を行っています。
内視鏡に対する苦痛や不安の軽減と患者さんの健康維持増進に努めております。

PAGE
TOP