NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 薬剤科

薬剤科

概要

薬剤科は、患者さんが安全に薬物治療を受けられるように、医薬品の適正使用の推進と服薬説明を行い、副作用の早期発見・防止に努め、安心して治療が受けられる環境を提供しています。また、医療チームの一員として医師・看護師・その他の医療スタッフと連携を図り、適切な医薬品管理を行い、薬学的な観点から安全な薬物治療が受けられるよう取り組んでいます。

主な業務

調剤業務(外来・入院)

調剤調剤医師の処方箋に基づき、投与量、飲み合わせなどを確認し、外来・入院患者さんの調剤を行っています。外来では窓口にてお薬を正しく服用、使用できるように服薬説明を行っています。院外処方箋についても投与量、飲み合わせなどを確認しています。

製剤業務

治療上の特殊のケースにおいて、院内で使用する市販されていないお薬を、院内規定に従い調製を行っています。必要に応じ滅菌処理も行っています。

注射薬無菌調製(抗がん剤、TPN(中心静脈栄養)など)

注射剤の混合外来・入院にて化学療法を行う際に投与される抗がん剤の混合を安全キャビネットにて、入院患者さんの注射薬をクリーンベンチにて無菌調製を行っています。調製前には配合変化、相互作用、投与経路・速度などを確認し、疑問がある場合は医師に確認しています。また、化学療法委員会にて情報収集、レジメンの作成にも関わり、リスクマネージメントにおいても重要な役割を果たしています。

医薬品業務情報

医薬品の情報を製薬会社、雑誌、インターネットなどから収集、整理、保管し、医師、看護師等の臨床現場からの質問に答えています。また、薬事委員会報告、新規採用薬紹介、院内勉強会、DIニュースなどで情報を提供し、より質の高い薬物治療をサポートしています。また日本病院薬剤師会よりプレアボイド報告施設と認められており、積極的に取り組んでいます。

医薬品管理業務

医薬品の購入・保管・供給から患者さんへの交付までの管理を行っています。種々の法的規制を順守し、適正な在庫の確保、品質の管理、災害用医薬品の確保等、院内で使用される医薬品の有効性と安全性の確保に、努めています。

病棟薬剤業務

入院患者さんの病室に伺い、間違いなく薬を使用していただけるよう、薬の効き目や使い方、注意事項について説明をし、薬に関する質問にお答えしています。また薬歴・検査データなども確認しながら、他の薬との飲み合わせや副作用など現れていないかのチェックも行います。患者さんへの説明・指導のほか、医師や看護師からの質問にも対応し、治療が安全に行われるように薬剤師として専門的な知識を生かし、医師の薬物治療のサポートをしています。

チーム医療への参加

感染制御チーム、褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム、認知症サポートチーム、医療安全(リスクマネージャー)に積極的に参加し、医療チームの一員として重要な役割を果たしています。

PAGE
TOP