NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 内科 > 喘息・慢性咳外来

成人先天性心疾患・肺高血圧症 診療

ご案内

NTT西日本東海病院の内科では、平成29年9月1日から12歳以上の方の先天性心疾患や肺高血圧症の診療を始めました。

先天性心疾患(12歳以上)の診療について

診療の姿勢

先天性心疾患の患者の方では、心臓や血管以外にも合併症をお持ちの方も多いわけですが、当院の特色は、循環器科の見方だけでなく、総合内科の観点からもアプローチして、心身全体をケアすることをめざしていることです。一方、手術などが必要な場合には、先天性心疾患の手術を行う病院と連携して診療します。

対象疾患

  1. 心室中隔欠損
  2. 心房中隔欠損
  3. 房室中隔欠損・心内膜床欠損
  4. ファロー四徴症
  5. 完全大血管転位
  6. 修正大血管転位
  7. 両大血管右室起始症・両大血管左室起始症
  8. 単心室症
  9. 無脾症(右側相同)
  10. 多脾症(左側相同)
  11. 総動脈幹症・大動脈肺動脈開窓症
  12. 大動脈離断症
  13. 大動脈縮窄症
  14. 大動脈二尖弁、左室流出路狭窄
  15. ダウン症
  16. ターナー症候群
  17. 22q11.2欠失症候群
  18. CHARGE症候群
  19. 肺動脈廔・肺動静脈奇形
  20. 左室緻密化障害
  21. その他の先天性心疾患など

肺高血圧症の診療について

診療の姿勢

かつては死亡率が非常に高かった肺高血圧症も、様々な治療の進歩のおかげで病状が安定する方が増えています。そして、治療と生活をどう両立させるかについて、多くの患者の方が悩む時代になってきています。当院では、肺高血圧を治療しながら、仕事をしたり、子育てをしたり、学校へ通っている方々に、治療の負担を最小にしつつ、安定した経過を実現できるよう、様々なノウハウを駆使して治療を行います。

対象疾患

  1. 肺動脈性肺高血圧症(特発性、膠原病性、先天性心疾患性、HIV性、肝疾患性)
  2. 肺動脈血栓塞栓症(未梢型などの理由で薬物治療を行う症例)
  3. エポプロステノール(フローラン)持続静注治療を実施している方、実施を希望される方
  4. イロプロスト(ベンティビス)在宅吸入療法を実施している方、実施を希望される方
  5. 肺移植を受けた方
  6. その他の肺高血圧症

診察日・時間

診察日 診察時間
月曜日 14:00~16:00
水曜日 14:00~16:00

医師紹介

氏名 所属学会 専門領域
副院長
武田 裕
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本循環器学会社員
日本肺高血圧・肺循環学学評議員
内科一般
循環器疾患
心不全
肺高血圧症
先天性心疾患

PAGE
TOP