NTT西日本東海病院看護部 看護部

  • 背景色

お知らせ

看護部長からのメッセージ

看護の挑戦
看護の将来ビジョンを見据えた NTT西日本東海病院看護職に求められる力

看護部長わが国における、少子高齢化の進展による人口構造の変化と、近年の経済状況は、保健・医療・福祉に大きな影響を及ぼし、人的資源と財源が限界を迎えています。しかし反対に、人々の医療・介護ニーズは増大し、多様化・複雑化しています。国民のニーズに応え、健康な社会をつくるために、わが国は従来の病院完結型から、医療・ケアと生活が一体化した地域完結型の体制への転換が図られ、私たち看護職には、疾病の治療のみならず人々の生活を見据えた予防から介護までを包括した取り組みが求められるようになってきました。
私たち看護職は、常に個々人の尊厳を基盤に、専門的な知識と技術を身に付けた専門職として人々の看護にあたってきましたが、療養の場が病院から暮らしの場にシフトする中で、これまで以上に、人権を尊重する倫理的態度を身に付け、健康・医療と生活、両方の視点を持った看護職は、多様な場で役割を発揮することが求められています。
日本看護協会は、私たち看護職は国家資格を持った専門職業人として、常に学習し能力に維持・開発に努める責務があると「看護者の倫理綱領」第8条に示しています。
しかし、個人の努力だけで、今日求められる高いレベルの実践力を修得し続けることは困難です。そのため、看護部では個々の看護実践力向上及びキャリア発達を支援するためのキャリア開発プログラムを整備いたします。

平成28年5月9日
看護部長 藤田薫
認定看護管理者