NTT西日本東海病院

  • 背景色

HOME > 部門 > 臨床検査科

臨床検査科

検査内容の概要

生化学検査、血液検査、免疫検査、病理検査、細菌検査、一般検査、生理検査、輸血検査を実施しています。 患者様より採血後速やかに、生化学・血液検査の検査結果報告と、検査データの信頼性・質の向上をめざし、精度管理に重点を置き、各種学会、勉強会等に参加し高度医療に向けて取り組んでいます。 外来・病棟以外では、総合健診センタの人間ドック、NTT社員検診等に携わっています。

1) 緊急検査(生化学・血液・免疫検査)

診察前検査を初めとして、患者様より採血後、速やかに結果報告をしています。

2) 生理検査

心電図、負荷心電図、肺機能、動脈硬化検査(PWV)、ホルター心電図、神経伝導速度(NCV)、脳波、聴性脳幹反応、簡易型無呼吸検査、終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)、腹部超音波検査、心臓超音波検査、頚動脈超音波検査、甲状腺超音波検査等を実施しています。

3) 細菌検査

一般細菌、結核菌の培養、同定、感受性のほか、ロタウイルス、インフルエンザなどの検査も実施しています。

4) 病理検査

2名のスクリーナーが担当しています。細胞診と病理組織標本の作製をしています。

各種検査分野紹介

1) 生化学検査

血液や尿などに含まれる様々な化学物質を測定することによって、各内臓機能の状態をチェックしています。

(検査内容)
肝機能検査・腎機能検査・脂質検査など。

2) 血液検査

血液中に含まれる赤血球・白血球・血小板凝固因子などを調べています。他血液型判定や髄液検査、輸血検査なども行っています。

(検査内容)
血球計数・白血球分類・血液凝固検査・骨髄検査・輸血検査など。

3) 免疫血清検査

感染性の肝炎ウイルスを初め、甲状腺機能、腫瘍マーカーなどを 調べています。

(検査内容)
感染症(肝炎ウイルス・梅毒・HIV)・腫瘍マーカー(CEA・PSA・AFP)など。

4) 一般検査

尿中の蛋白・糖・血球成分、顕微鏡での細胞成分の形態検査を 中心に便による大腸ガンのスクリーニング検査などを行っています。

(検査内容)
尿定性検査・便潜血検査・精液検査など。

5) 病理・細胞診検査

試験切除、手術的切除された生検材料をもとに組織標本を作成、 病理診断をする病理学的検査と、婦人科材料、穿刺吸引材料、喀痰、 尿、体腔液などから細胞標本を作成、細胞診断をする細胞診検査を 行っています。

(検査内容)
病理学的検査・細胞診検査・病理解剖検査など。

6) 細菌検査

血液・糞便・喀痰などの生検材料を元に病原性微生物の培養と 菌種の特定、また特定された原因微生物に有効とされる薬物の確認を行います。

(検査内容)
細菌培養・塗沫検査・薬物感受性試験など。

7) 生理検査

不整脈や心筋の障害を調べる心電図、心臓超音波検査や腹部 超音波検査などを行っています。

(検査内容)
心電図・肺機能検査・超音波検査(腹部・心臓・甲状腺・頚動脈)・脳波・ PWV検査・神経伝導検査・聴性脳幹反応・重心動揺検査・24時間心電計・終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)・簡易型無呼吸検査など。

PAGE
TOP