NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。
border-image
個人認定選手
ソフトテニス
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る
初心者からのSOFT-TENNIS〜トッププレーヤーが教える技と心〜
Lesson.5 「サービス」をマスターしよう!〜トッププレーヤーの得意とするサービスをあなたもマスターしよう!〜
Lesson.5 「サービス」をマスターしよう!〜トッププレーヤーの得意とするサービスをあなたもマスターしよう!
長江選手 堀選手 﨏田選手 大庭選手 佐々木選手
Lesson.5 完全マスター「サービス」〜トッププレーヤーの得意とするサービスをあなたもマスター〜
ファーストサービスの中でオーバーハンドサービスでは、「フラットサービス」「スライスサービス」「リバースサービス」が主流となる。また、オーバー以外では「アンダーカットサービス」も最近では多く取り入れられている。フラットサービス以外は、ボールのとらえ方の変化により打球に回転や角度をつけ、バウンド後に変化させるサービスとなる。 それぞれの特徴をあげれば、フラットは、威力のあるスピードボール。スライスは、その名の通り、ボールがバウンドしてから外側に逃げていくように曲がる。リバースは、その逆。アンダーカットは、切り方は様々だが、バウンド後はあまり弾まず、鋭く切れたり止まったりし、相手に攻撃的レシーブをさせないというのも。
ここでは、選手がそれぞれ自分の得意とするサービスを実演付きで解説。動画で重心移動、手・足の動き、ラケットの振り方、トスの上げ方、タイミングなど、選手の動きを良く観察し、その技術をひとつでも多く盗んでください。
フラットサービス・アンダーカットサービス
フラットサービス
解説
フラットサービス・アンダーカットサービス
ボールにしっかりパワーが伝わるように打つ。高い打点と腰の回転がポイント!
一番大切なのは高い打点で打つということ。ラケットを持つ手を振り上げたときに、しっかり腕を伸ばし高い打点から振り下ろす。ストロークも同じだが、軸足(ラケットを持つ手と反対の足)のためと腰の回転を使い、身体の反動でボールを押し込むように打つ。より攻撃的なサービスを打つ場合には、トスを少しだけ前側に上げ、身体のバネを最大限に使い打つ。そうすることでボールにパワーが伝わり、スピード、そして破壊力のあるサービスとなる。
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
アンダーカットサービス
解説
アンダーカットサービス
ラケットの端から端まで転がすようなイメージで打て!
ハードコートやインドアでは非常に有効なサービス。グリップはイースタンで少し短めに持つ。打点は膝の位置。ラケットの端から端まで転がすようなイメージで打つのがポイント。
アンダーカットサービス
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
このページのTOPへ
フラットサービス
解説
フラットサービス
肘の位置と速いリズムを大切に!
フラットサービスのグリップは、ストロークとは違ってラケットが縦になるように握る。打つ時の注意点は、リズムを大切にするということ。構えた時を1、テイクバックを2、打つ時を3という風に、リズムを作る。まず、1のパートとして、構えは打ちたい方向に並行スタンスで構える。次に、2のパートでは、打つ前に右足を左足に寄せていき、ジャンプの準備をしながら、トスも上げる。そして、テイクバックでは、脇と肘が90度になるようにして構える。3のパートであるインパクトは、フラットサービスの時は、ボールに胸ごとぶつかっていくように打っていく。
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
このページのTOPへ
フラットサービス
フラットサービス
解説
フラットサービス
ラケットはグリップから出せ!
グリップはイースタングリップ。ポイントはトスを前に上げ過ぎないことと、ヘッドからラケットを出すのではなくグリップから出す点。そうすることで手打ちを防ぐことができる。全身のバネを使って打つことで、より強力なサービスとなる。
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
このページのTOPへ
オーバーカットサービス
オーバーカットサービス
解説
ボールの外側の下部分を強く切る感じで打つべし!
グリップはセミイースタン。短く持ち過ぎないようグリップの真ん中あたりを握る。ポイントはボールの外側の下部分を強く切る感じで打つ点。そうすれば、よく切れ、そして落ちる変化の大きなサービスとなる。
オーバーカットサービス
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
このページのTOPへ
アンダーカットサービス
解説
アンダーカットサービス
フォロースローは振り切らない!
グリップはイースタングリップで、少し短めに持つ。スタンスは肩幅ぐらい。重心移動とともにインパクトに力を入れて打つ。ポイントはフォロースルーで振り切らないようにする点。
実践
実践
解説&動作スローでチェック!!
このページのTOPへ
インデックスへ Lesson4へ Lesson6へ
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー