NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。
border-image
個人認定選手
ソフトテニス
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る
初心者からのSOFT-TENNIS〜トッププレーヤーが教える技と心〜
Lesson.3 「ストローク」をマスターしよう
Lesson.3 「ストローク」をマスターしよう
フォアストローク バックストローク スライスショット

ソフトテニスの基本中の基本がこの「ストローク」。普段、何気なく打っているこのショットも実は奥が深い。基本的な「構え」をマスターしたら、次は正確なストロークを自分のものにし、実践に活かしてほしい。

フォアストローク
解説
フォアストローク フォアストローク
素早いテイクバックと腰の回転が大切
ソフトテニスにおいて最も重要なストローク。相手の打ったボールにより、瞬時にどこに動くか判断し、テイクバックをとる。その際、テイクバックとともに軸足もしっかり決まっている点がポイント。そこから前足(右利きの場合は右足から左足)へ重心を移動させ腰を回転させながら振り抜く。(ウエスタングリップ)
解説を聞く
実践
実践
動きをチェック!!スローでチェック!!
このページのTOPへ
バックストローク
解説
バックストローク バックストローク
左手の使い方がポイント!!(右利きの場合)
グリップ、待機姿勢はフォアストロークと同じ。(ウエスタングリップ)フォアとの違いは、右利きの場合、左手も添えて横を向いてテイクバックする点。ポイントは振り抜く際、ラケットに添えた左手を右手にスライドさせ、その右手を押し出すイメージで振り抜くと、腰もしっかり回転し、より強いボールが打てる。
解説を聞く
実践
実践
動きをチェック!!スローでチェック!!
このページのTOPへ
スライスショット
解説
スライスショット
右胸にボールをしっかり呼び込め!(右利きの場合)
ハードコートでは重要な武器となるショット。フォアストロークのウェスタングリップからセミイースタングリップに持ち変える。ポイントは、手先で打つのではなく、(右利きの場合)右胸の前にボールを呼び込み、そこから重心を左へ移動させ打つ。そうすれば、正確なショットが打てる。
解説を聞く
実践
実践
動きをチェック!!スローでチェック!!
このページのTOPへ
インデックスへ Lesson2へ Lesson4へ
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー