prev
next

Schedule 試合日程

緊迫した投手戦が続く中、試合が動いたのは5回表だった。粘りのピッチングを見せていた先発の浜崎投手が2アウト2塁からタイムリーヒットを浴び、先制点を許してしまう。すかさず5回裏、1アウト1、3塁と長打が出れば一気に逆転の場面をつくるも、後続から快音は響かず惜しくも得点ならず…。5回途中からは吉元投手が、そして9回途中からは吉川投手がマウンドに上がる継投リレーで追加点を許さずに味方の反撃を待つ。終盤の逆転に期待が集まるも、打線は相手投手を打ちあぐね、試合はこのまま0対1で惜しくも敗戦となった。