NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。
NTT西日本シンボルチーム
第35回社会人日本選手権大会 大阪・和歌山第1次予選
NTT WEST
硬式野球部
選手紹介
スケジュール
公式戦成績表
都市対抗野球大会
日本選手権大会
キャンプ情報
ファンクラブ会員募集
応援メッセージ募集中
携帯メール試合速報
NTTドリームキッズふれあい野球教室
硬式野球部TOP
陸上競技部TOP
個別認定選手TOP
シンボルチームTOP
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る
第35回社会人日本選手権大会 大阪・和歌山第一次予選
 
大会概要
 
第35回社会人野球日本選手権大会大阪・和歌山第1次予選は、14チームが参加しトーナメント方式と敗者復活戦で行われます。
本予選の上位6チームが、近畿地区第2次予選(10/8〜西京極野球場・皇子山野球場)に進出することができます。

【日程】
2008年9月20日(土)から9月28日(日)
※9月18日(木)19日(金)21日(日)雨天順延
【開催場所】
NTT淀総合グラウンド(京都府久御山町)
大阪ガス今津総合グラウンド(兵庫県西宮市)

トーナメント表はこちら   球場案内はこちら   過去の日本選手権戦績はこちら
 
 
試合結果
 
9月28日(日)vs 日本生命
  10 R H
NTT西日本
日本生命
NTT西日本
金子(1)
永松(9)
松尾(29)
高本(23)
吉岡(2)
越智(22)
森(3)
河本(10)
市来(24)
小原(14)
先発:小原投手は立ち上がりから粘りのピッチングで日本生命打線を5回まで無失点に抑える。打線は4回表に松尾選手、吉岡選手のタイムリーヒットで2点を先制し小原投手を援護をする。しかし好投を続けていた小原投手は、6回裏に1死1・3塁のピンチを迎え、ここで2番手:笠木投手が登板。笠木投手は2本のタイムリーヒットを許し2点を奪われ同点とされる。7回裏からは3番手:合田投手が登板。合田投手は力のあるストレートを中心に日本生命打線を無失点に抑える。その後両チーム無得点のまま2試合連続の延長戦となる。延長10回裏の日本生命の攻撃。合田投手は3四死球を許し1死満塁のピンチを迎えセンターに犠牲フライを打たれ3塁ランナーがホームイン。2−3で日本生命に敗戦する。
日本生命
大島
山本
高橋
有竹
佐々木勇
石田
多井
佐久間
岩下
竹中
ギャラリー
 
金子選手   松尾選手   高本選手
金子選手
 
松尾選手
 
高本選手
吉岡選手   森選手   河本選手
吉岡選手
 
森選手
 
河本選手
小原投手   合田投手    
小原投手
 
合田投手
   


9月26日(金)vs 大阪ガス
  10 11 12 13 14 15 R H
NTT西日本
大阪ガス
NTT西日本
永松(9)
松尾(29)
吉岡(2)
高本(23)
越智(22)
市来(24)
北崎(28)
河本(10)
森(3)
糸川(30)
先発:糸川投手は落ち着いた立ち上がりで5回まで無失点に抑える見事なピッチング。打線は、3回表にヒットとフォアボールで2死満塁のチャンスを迎え、5番:越智選手がフォアボールを選び「押し出し」でNTT西日本が1点を先制する。しかし6回裏、1死1・3塁の場面で糸川投手のワイルドピッチで同点とされ、その後は、両チーム得点を挙げることができず試合は延長戦に突入する。10回裏から2番手:藤原投手が登板。藤原投手は、5回(14回まで)を投げ2安打無失点に抑える見事なピッチングで3番手:秋山投手に繋ぐ。しかし秋山投手は、制球力に精彩を欠き3つのフォアボールを許し2死満塁のピンチを迎え、この回4つ目のフォアボールを許し「押し出し」となり延長15回1−2で大阪ガスに敗戦。打線は、得点を挙げた3回表以外に再三のチャンスを作るも決勝打が打つことができなかった。
大阪ガス
藤本
岩本
田中
平山
田辺
小野
溝下
牧野
稲田
山田幸
 


9月23日(火)vs NOMOベースボールクラブ
  R H
NTT西日本     10 12
NOMOベースボールクラブ    
NTT西日本
金子(1)
永松(9)
吉岡(2)
高本(23)
越智(22)
市来(24)
河本(10)
竹林(5)
森(3)
藤原(15)
先発:藤原投手は初回から切れのあるストレートを中心にNOMOクラブ打線を翻弄。打線は、NOMOクラブ先発:エース良川投手に3回まで1安打に抑えられ序盤は投手戦となった。
 しかし、4回表1死1塁の場面で5番:越智選手が2試合連続となるレフトへの2ランホームランを放ち先制すると、その後も、好調4番:高本選手がこの試合4打数4安打4打点の2試合連続猛打賞の活躍、7番:河本選手のソロホームラン、9番:森選手の2ランホームランなど、7回まで毎回得点の10得点を挙げる。藤原投手は、この試合6回までを散発2安打に抑え終始安定したピッチングを披露。最後(7回裏)は糸川投手が無失点に抑え、7回コールドの10−0でNOMOベースボールクラブに勝利する。
NOMOベースボールクラブ
福元
徳田
和田
二口
本郷
有澤
北村
高嶋
宮田
良川
ギャラリー
 
吉岡選手   高本選手   越智選手
吉岡選手
 
高本選手
 
越智選手
市来選手   河本選手   森選手
市来選手
 
河本選手
 
森選手
黒塚選手   宮崎選手   西田選手
黒塚選手
 
宮崎選手
 
西田選手
北崎選手   藤原投手   糸川投手
北崎選手
 
藤原投手
 
糸川投手


9月20日(土)vs デュプロ
  R H
デュプロ      
NTT西日本       13 12
NTT西日本
金子(1)
永松(9)
吉岡(2)
高本(23)
越智(22)
西田(31)
河本(10)
竹林(5)
森(3)
小原(14)
先発:小原投手は安定した立ち上がりを見せ、初回から無失点に抑える見事なピッチング。3回途中から糸川投手、その後も秋山投手、藤原投手が登板しデュプロ打線を2失点に抑える。打線は、初回から先制点を挙げ、4番:高本選手については3打数3安打猛打賞の活躍。その後も効率よく得点を重ね、計12安打13得点を挙げ、6回コールドでデュプロに13−2で勝利する。
デュプロ
和田
徳田
伊藤
山口(修)
味園
今村
久米
山田
森脇
ギャラリー
 
永松選手   吉岡選手   高本選手
永松選手
 
吉岡選手
 
高本選手
越智選手   西田選手   森選手
越智選手
 
西田選手
 
森選手
小原投手   糸川投手   藤原投手
小原投手
 
糸川投手
 
藤原投手


 
審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー