NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。 第76回都市対抗野球大会 NTT WEST
*
*
試合結果
トーナメント表
*
応援メッセージを見る
選手&スタッフ紹介
補強選手紹介
都市対抗ギャラリー
マスコット
NTT西日本硬式野球部 都市対抗での戦績
都市対抗野球とNTTグループの歴史
シンボルチームファンクラブ会員募集中! 入会無料
第76回都市対抗野球大会 TOPへ
*
マスコットの会場リポート
*
*■ マスコットの会場レポート 8月23日 対三菱重工長崎
*■ マスコット紹介
*
**
8月28日 2回戦 対 日産自動車(横須賀市)
*
*
**
所属:NTT西日本 みやこ支店 類家 慶子(るいけ けいこ)マスコット



みなさんこんにちは。マスコットの類家です。
一回戦で三菱重工長崎に勝利を収めてから5日後の今日、二回戦の日産自動車戦に臨みました。結果は残念ながら惜敗してしまいましたが、先日と同じく、試合中のベンチの雰囲気などを中心にマスコットレポートをお伝えしたいと思います。

試合開始直後、二回に先制点を許した後、続く三回と五回にはホームランを打たれてしまい、大きくリードを広げられました。ベンチでは「試合はこれからだ!」という声は飛び交っていたものの少し重たい空気が漂い始めます。
しかし、その空気もすぐに吹き飛びました。ホームランを許した直後の五回裏、西田選手、藤井選手の連続ソロホームラン!連続ホームランとあってベンチのムードが一気に盛り上がります!それまで漂っていた重たい空気から一転、「逆転できるぞ!」「試合はこれからだ!」というムードに包まれ、選手の顔が見る見る輝いていきました。私はホームランの瞬間、身を乗り出してみていたのですが東京ドームの照明が一段と明るくなった気がしました。そして、連続ホームランで盛り上がる選手たちの隙間に入り込み、ホームラン賞を渡しました。続くバッターも猛攻を仕掛け二本のヒットでチャンスを築きます。後一本が出ず、惜しくも得点をあげることは出来ませんでしたが反撃ムードは一層高まっていきました。 その後、徳留選手の三者連続三振などを含む粘りのピッチングで7回まで日産自動車に追加点を許さず、追い上げムードのまま試合は終盤8回を迎えます。
8回に相手チームにホームランを打たれ、再度ベンチが重いムードとなりつつあったその裏、田原選手のツーランホームラン!選手たちはベンチから身を乗り出して「最後まで!最後まで!」と声を掛け合い、必死に戦っていました。
しかし、最終9回、両者とも得点無く、試合終了の時が訪れます。
試合終了後、スタンドに挨拶すると応援して下さったみなさんの拍手に迎えられました。また、球場を後にする時もたくさんのファンの方がねぎらいの言葉をかけてくださいました。
私は朝からこんなにも多くの方々が応援に来てくださったことに感動すると共に、この都市対抗をいかに多くの方が応援してくださっているのかを感じて再度NTT西日本の大きさを感じました。
今回は残念ながら二回戦で惜敗という結果となってしまいましたが次回はきっと更に素晴らしい結果を残してくれると思っています。
最後に、スタンドで応援して下さった多くの方々、そしてホームページなどを見ながら応援して下さったみなさん。熱い御声援、本当に、本当にありがとうございました。
*  
*
シンボルチームTOPへ戻る
硬式野球部TOPへ
陸上競技部TOPへ
個別認定選手TOPへ
審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー