NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。 第32回社会人野球日本選手権大会
NTT WEST
*
*
試合結果
トーナメント表
*
応援メッセージを見る
選手&スタッフ紹介
日本選手権ギャラリー
マスコット
NTT西日本硬式野球部 日本選手権での戦績
日本選手権とNTTグループの歴史
シンボルチームファンクラブ会員募集中! 入会無料
*
日本選手権とNTTグループの歴史
*
社会人野球とは

社会人野球日本選手権大会は都市対抗野球大会と並び社会人野球の2大大会の1つであり、真夏に東京ドームで行われる都市対抗野球大会とは対象的に、毎年10月または11月の秋に大阪ドームで行われる社会人野球のトーナメントである。
その起源は戦後から1973年まで後楽園球場(東京)で開催された全国産業別野球選手権大会※である。

社会人野球日本選手権は関西の各球場で開催されてきたが、1997年からは大阪ドームで実施されている。
都市対抗野球大会との大きな違いは、都市対抗野球大会で採用されている同地区の敗退チームから補強選手を獲得する補強制度が無く、単独チームでの日本一を決める大会であること。
都市対抗野球大会のように補強選手の活躍によって勝敗が左右されるということが無いので、チームの実力が問われ、またチーム単独での日本一を競う大会として注目を集めている。
32回目となる今大会には9地区26チームが参加する。最も出場チームが多いのが近畿地区で7チーム(NTT西日本、大阪ガス、松下電器、日本生命、三菱重工神戸、デュプロ 、ニチダイ 順不同)、続いて関東が6チーム(シダックス、ホンダ、東芝、三菱ふそう川崎、新日本石油ENEOS、 鷺宮製作所 順不同)となっている。
また、今大会での最多出場は12年連続27回目の出場である松下電器、続いて6年連続24回目の出場である日本生命。いずれも近畿地区からの出場である。
また、優勝旗には巨大なダイヤモンドをモチーフしたデザインから、「ダイヤモンド旗」と呼ばれている。

※全国産業別野球選手権大会(通称:サンベツ)は都市対抗野球大会が所属する地域を代表して戦う社会人野球大会であるのに比べ、サンベツはその名の通り、業種毎の代表チームが戦う社会人野球大会に位置づけられていた。

  ■歴代優勝チームと開催球場 ■歴代最優秀選手
 
第1回(1974年)
三協精機(阪神甲子園球場) 大塚貴代美投手(三協精機)
第2回(1975年)
鐘淵化学(阪神甲子園球場 宮田典計投手(鐘淵化学)
第3回(1976年)
新日鉄名古屋(阪神甲子園球場) 水谷啓昭投手(新日鉄名古屋)
第4回(1977年)
住友金属(阪神甲子園球場) 森繁和投手(住友金属)
第5回(1978年)
北海道拓殖銀行(阪神甲子園球場) 高岡茂夫内野手(北海道拓殖銀行)
第6回(1979年)
住友金属(阪神甲子園球場) 高橋修二投手(住友金属)
第7回(1980年)
日本鋼管福山(大阪球場) 田村忠義投手(日本鋼管福山)
第8回(1981年)
富士重工業(大阪球場) 向田佳元投手(富士重工業)
第9回(1982年)
ヤマハ発動機(大阪球場) 鈴木政明投手(ヤマハ発動機)
第10回(1983年)
住友金属(大阪球場) 高橋修二投手(住友金属)
第11回(1984年)
住友金属(大阪球場) 高橋修二投手(住友金属)
第12回(1985年)
本田技研(大阪球場) 伊東昭光投手(本田技研)
第13回(1986年)
NTT東海(大阪球場) 笠井孝志登投手(NTT東海
第14回(1987年)
中山製鋼(大阪球場) 藤野悦勝投手(中山製鋼)
第15回(1988年)
東芝(大阪球場) 南渕時高内野手(東芝)
第16回(1989年)
住友金属(大阪球場) 尾山敦投手(住友金属)
第17回(1990年)
日本生命(グリーンスタジアム神戸) 新谷博投手(日本生命)
第18回(1991年)
日本石油(グリーンスタジアム神戸) 鈴木健投手(日本石油)
第19回(1992年)
東芝(グリーンスタジアム神戸) 三原昇投手(東芝)
第20回(1993年)
住友金属(グリーンスタジアム神戸) 尾山敦投手(住友金属)
第21回(1994年)
日本通運(グリーンスタジアム神戸) 松田訓内野手(日本通運)
第22回(1995年)
三菱自動車川崎(グリーンスタジアム神戸) 玉木重雄投手(三菱自動車川崎)
第23回(1996年)
住友金属(グリーンスタジアム神戸) 宮内洋内野手(住友金属)
第24回(1997年)
三菱重工神戸(大阪ドーム) 新井正広投手(三菱重工神戸)
第25回(1998年)
NTT関東(大阪ドーム) 阿久根鋼吉内野手(NTT関東
第26回(1999年)
シダックス(大阪ドーム) 田中喜則内野手(シダックス)
第27回(2000年)
松下電器(大阪ドーム) 愛敬尚史投手(松下電器)
第28回(2001年)
三菱重工長崎(大阪ドーム) 後藤隆之投手(三菱重工長崎)
第29回(2002年)
日本生命(大阪ドーム) 佐藤充投手(日本生命)
第30回(2003年)
日産自動車(大阪ドーム) 伊藤祐樹内野手(日産自動車)
第31回(2004年)
JFE西日本(大阪ドーム) 田中敬人投手(JFE西日本)
*

*
シンボルチームTOPへ戻る
硬式野球部TOPへ
陸上競技部TOPへ
個別認定選手TOPへ
審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー