NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。 第32回社会人野球日本選手権大会
NTT WEST
*
*
試合結果
トーナメント表
*
応援メッセージを見る
選手&スタッフ紹介
日本選手権ギャラリー
マスコット
NTT西日本硬式野球部 日本選手権での戦績
日本選手権とNTTグループの歴史
シンボルチームファンクラブ会員募集中! 入会無料
*
マスコットの会場リポート
*
*
*■ マスコット紹介
*■ 11月20日(日) 初戦 対 王子製紙
*■ 11月23日(水・祝) 2回戦 対 七十七銀行
*■ 11月25日(金) 3回戦 対 JR九州
*■ 11月26日(土) 準決勝 対 ホンダ
*
11月27日(日) 決勝 対 松下電器
*
所属:NTTマーケティングアクトみやこ サービスビジネス部 サービス企画担当 堂下 智晶(どうした ちあき)マスコット



みなさんこんにちは。マスコットガールの堂下です。
緊迫の決勝戦。残念ながら初優勝は成りませんでしたが、非常に良い試合でしたね。
それでは、今回で最後となります第5回マスコット堂下のベンチレポートを始めさせていただきます。

この試合、序盤から両者譲らぬ攻防戦が展開されます。
先発岸田投手も好投を見せますが、相手投手も粘りのピッチングを見せます。
2回表、4回表と黒塚選手、脇谷選手がヒットを放ち、出塁するもののなかなか得点には到りません。
得点の入らない厳しい投手戦。ベンチにも守備に入る度ピリピリとした緊張が走ります。
しかし、とうとう均衡が破られます。7回裏、ヒットから送りバント、センターフライを打たれ松下電器に失点を許します。静まりかえるNTT西日本ベンチ。
「スマイルで!みんなスマイルでいこうや!」という村本監督の一言が響き、この一言がNTT西日本ベンチ、選手の雰囲気を盛り上げ始めます。
ここで岸田投手に代わってベテラン徳留投手が登場。きっちり相手打線を抑えます。
高まる雰囲気の中迎えた8回表。この回、まずは一色選手がヒットを放ちます。そこから廣瀬選手の送りバント。
そして相手投手のワイルドピッチにより一色選手がホームイン!!
ベンチ総立ち、ハイタッチ&スマイルで一色選手を迎えます。
次に試合が動いたのは11回。涙の最終回です。
松下電器がセンター前ヒットで出塁し、送りバント、センターオーバーヒットにより得点を上げ、ゲームセット。
今大会始まって初めての敗北。私は静まり返ったベンチを初めて経験します。
「1、2回戦での敗北と決勝戦での敗北にこんなに差があるとは思わなかった。」という監督の言葉通り重い敗北となりました。
しかし、昨年の日本選手権大会はベスト4。今大会は準優勝。きっと来年こそ村本監督がグラウンドで舞う姿を見せてくれるはずです。来年のNTT西日本ナインに期待しましょう。

今回、マスコットガールとしてベンチの中でチームの応援をさせていただき、本当に良い経験ができました。選手と試合の一喜一憂を共有できたこと、一生忘れません。
そしてこれからもNTT西日本グループ社員のみなさんが、このNTT西日本硬式野球部に暖かいエールを送り続けてくれるよう祈ります。
最後になりましたが、全5回の試合、NTT西日本ナインに熱い声援を送り続けてくれたみなさん、本当にありがとうございました!!
*
*
シンボルチームTOPへ戻る
硬式野球部TOPへ
陸上競技部TOPへ
個別認定選手TOPへ
審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー