簡易型GISソリューション

PCで簡単に地図コンテンツを閲覧・作成・交換できる操作性の高いGISの提供

利用者は、地方自治体のホームページからアプリケーションと地図コンテンツをダウンロードするだけで、防災情報や施設情報などを閲覧することができます。簡易型GISは、初期導入費用のみで利用者数が増加してもソフトウェアライセンス料は発生しないため、低コストで構築することができます。

特長

初期費用のみで追加ライセンス料が不要

利用者が増加しても、追加ライセンス料は発生しないため、 1台あたりの導入コストの低減が可能です。

  • 地図データは含みません。

アプリケーションを自由にダウンロード

ネットワーク経由でアプリケーションと地図データのダウンロードができるので、 多くの利用者を対象としたさまざまなサービスに活用できます。

フィールド業務に活用可能

アプリケーションと地図データを、ノートパソコンなどにインストールすれば、 屋外などのオフライン環境でも利用できます。

メールで地図コンテンツの流通が可能

作成した地図コンテンツをメールで送信することにより、端末間で情報を共有できます。

地図が大きく操作メニューがシンプル

頻繁に利用する機能を操作メニューとしてまとめ、地図の表示エリアを大きく配置しました。表示エリアを大きくすることで、地図上での各種操作もシンプルかつ軽快に行えます。

特長イメージ図

PAGETOP

導入事例

企業

地図を用いた各種電子申請書をスピーディーに作成し、事務業務の効率化を実現

  • 施設・財産・顧客管理台帳の作成
  • 許認可申請図面の作成

教育機関

学区内の危険な個所を登録した地図コンテンツを共有し、保護者、地域と共有することで、安心して通学できる経路作成に貢献

  • 通学経路ヒヤリマップの作成
  • 動植物生態マップの作成

地方自治体職員

屋外での調査結果を元に、その場で地図に登録可能であり、効率的な業務を実現

  • 防災マップの作成
  • 福祉・介護マップの作成
PAGETOP

推奨動作環境

動作環境

Windows 2000, XPシリーズ

CPU Pentium II 500MHz以上
メモリ 256MB以上
HDD 40MB〜6GB(使用する地図によって必要容量が変わります)
(簡易型GISアプリケーション 約32MB、地図)
画面サイズ 800×600 ドット以上のディスプレイ装置
OS Microsoft Windows 2000 Professional SP4以上
Microsoft Windows XP Home Edition SP1以上
Microsoft Windows XP Professional SP1以上
ブラウザ Internet Explorer 6.0以上

Windows Vistaシリーズ

CPU 800MHz以上の32ビット(x86)又は64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 512MB以上
HDD 40MB〜6GB(使用する地図によって必要容量が変わります)
(簡易型GISアプリケーション 約32MB、地図)
GPU DirectX 9 対応のGPU
画面サイズ 800×600 ドット以上のディスプレイ装置
OS Microsoft Windows Vista Home Basic, Premium
Microsoft Windows Vista Business
Microsoft Windows Vista Enterprise
Microsoft Windows Vista Ultimate
ブラウザ Internet Explorer 7.0以上
PAGETOP

参考価格

価格は、提供内容により変動しますので、弊社営業担当まで個別に見積依頼をお願いします。

PAGETOP

審査 16-2826-1

Copyright(C) 1999-2017 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS