仮想化

仮想化(Virtualization)

「仮想化」とは、例えば1台のサーバーをあたかも複数台のサーバーのように機能させたり、逆に、複数のハードディスクを1台のハードディスクのように扱って大容量化したりする技術のことです。

バーチャルという意味を表す「仮想」は、実在しないものを指すことが多いキーワードですが、ITで用いられる場合にはリソースを論理的に分割あるいは結合・多重化する技術の総称をいいます。
企業や団体のIT基盤として注目を浴びているクラウドコンピューティング(以下、クラウド)はこの仮想化技術によって設計され、クラウドと仮想化は切っても切れない関係にあります。

キーワード解説

「仮想化」の考え方自体は古くからあり、個人ユーザーレベルでもハードディスクの一部をメモリーの代わりに使用したり、パーティションを設けて分割し仮想的な複数のディスクとして使用したりといった用途がありました。また複数のディスクを一つのディスクに見せるRAID技術も、仮想化技術の一端といえるでしょう。

もともと仮想化技術は、メモリーやハードディスク、またそれらの複合製品であるサーバーといったハードウェアが高価であった時代に、限られたリソースをできるだけ有効活用するために使われてきました。

しかし、ハードウェアの価格が下がってくると、次第にスペック向上のために導入されるようになりました。従来は、一つのサーバーに載せられるのは一つのOSだけで、担う業務の種類も限定されていたのに対し、サーバーを仮想化すると、一つのサーバーに複数のOSを仮想的に並列稼働させることができるようになり、効率的な運用が可能になります。

また、データやアプリケーションの領域も、ストレージの仮想化技術によって柔軟に拡大・縮小が可能になり、運用の稼働までもが軽減されます。

仮想化技術の持つ柔軟性がシステム運用効率を向上

ネットワークによって複数のサーバーやクライアント端末が連携する今日のIT環境においては、システムはロケーションの影響を受けなくなっています。サーバー回りの仮想化の進展とともに、VPN(Virtual Private Network)のようにネットワークを仮想化する技術も現れています。

ユーザーの個々の端末の中から始まった仮想化は、ユーザーのシステム設計全体へ、さらには複数拠点のネットワーク化、業務の多様化へと進化しているのです。

クラウドはリソースの仮想化を前提としています。そもそも実体の見えにくいところから付けられた名称である「クラウド」は、仮想化技術を用いたバーチャルな総合的論理システム空間であるといえるでしょう。

仮想化技術を導入することで、システム運用の柔軟性が大幅に向上する。ユーザーはハードウェアを意識することなくサーバーを改変でき、さまざまなサービスを同一のハードウェア上で稼働させることが可能となる。

PAGETOP

審査 16-2826-1

Copyright(C) 1999-2017 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS