クラウド デメリット

クラウドの弱点をカバーする

クラウドの3つのリスク

「クラウド」はいいところばかりではありません。長年運用されてきた実績のある既存システムと比較して、さまざまな弱点が指摘されています。クラウドを利用する際の主なリスクは ①サービス持続性に対するリスク ②情報セキュリティー面のリスク ③カントリーリスクです。

1.サービス持続性に対するリスク
ネットワーク障害が発生するとクラウドは利用できない

クラウド事業者とのネットワークに障害が発生するとサービスは利用できなくなります。また、サービスによってはメンテナンス時のネットワーク遮断等により、冗長化構成を採用した自社専用サーバーと比較すると稼働率が低くなってしまう可能性もあります。だからこそ、利用するクラウドサービスを途切れることなく継続して利用するためには、信頼性の高いネットワークを長年提供してきたNTT西日本グループが提供するクラウドが安心です。

2.情報セキュリティー面のリスク
クラウド事業者各社はセキュリティー対策に注力しているものの、人的セキュリティーリスク(意図的な情報漏洩、操作ミス)は常に存在する

クラウドのサービスを利用するには、自社のITリソースを第三者に委ねなければなりません。そのためには、高度なセキュリティー機能を有するデータセンターが必要不可欠となります。NTT西日本グループのクラウドなら、通信事業者として培った災害対応力や強靱なファシリティーのデータセンターを運用し、クラウドを安定してご利用いただくためのセキュリティー機能と保守要員を24時間365日配置して全てのサービスを見守っています。

3.カントリーリスク
データセンターの置かれた場所で個人情報の扱いなどの法的規制を受ける、あるいは一部の国では検閲にさらされる可能性がある

NTT西日本グループは国内にしかデータセンターを保有していないため、このようなカントリーリスクはありません。ちなみに、EUの場合、国を跨いだ個人情報の呼び出しには厳しい制限があるなど、カントリーリスクと呼ばれるデメリットがあります。

PAGE TOP

クラウドに適したネットワーク「NGN」とNTT西日本グループの総合力

NTT西日本が一丸となって取り組むNGN(次世代ネットワーク)は、電話網の持つ信頼性に加えインターネットアクセス回線の持つ利便性や経済性を合わせ持った情報通信の可能性を広げるネットワークです。

またサービス化したクラウドの提案運用については、長年培ったNTT西日本グループの人的リソースをもとに導入検討ユーザーの立場に立ったシステム提案が可能です。

例えてみれば、社用車を外部からのリースに切り替えるときに、経験豊富なドライバーと優れた専門技術を持つ整備スタッフを擁する会社を選ぶようなものといえるでしょう。

PAGE TOP

審査 16-2826-1