平成28年度 NTT西日本大阪 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 69 116 328 515 1,167 1,487 1,009 190
 当院は、大阪府がん診療拠点病院として、「がんに重点化し5疾病を中心とする医療・免疫療法・予防医療を提供」を基本理念とするなど地域完結型医療をめざし、幅広い年齢層を対象に質の高い医療を提供しています。本指標は、平成28年度の一般病棟の退院患者さんを対象に算出しています。全退院患者数4,898人のうち、60歳以上の患者さんの割合が78.7%を占めています。小児科及び産科を標榜していないため、小児や若年層の受け入れが少なくなっていますが、地域の高齢者の救急医療など地域医療に貢献すべく診療にあたっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 53 2.9 7.9 0.0% 62.0
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 39 1.6 3.0 0.0% 61.2
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 7.7 7.6 0.0% 61.3
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 2.0 7.2 0.0% 71.0
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 30 4.0 4.0 0.0% 67.1
 当科では、食道がん・胃がんの治療において早期がんでは内視鏡的切除・腹腔鏡補助下手術・機能温存手術などを施行し、進行がんに対しては正確な病期診断のための審査腹腔鏡や術前術後の補助化学(放射線)療法を組み合わせた集学的治療を導入しています。
 また、大腸がんの治療には、進行度に応じ消化器内科と連携し、EMR・ESD・外科手術を使い分け、低侵襲な腹腔鏡手術を実施しています。
 さらに原発性及び転移性肝がんに対し積極的に肝切除に取り組み、血管合併切除などの拡大手術のほか、多くの症例で腹腔鏡を用いた肝切除手術を施行しています。手術不能な肝がんに対しても肝動脈化学塞栓療法やラジオ波・マイクロ波焼灼術などを組み合わせて精力的な治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 55 26.5 26.3 3.6% 75.2
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 40 26.9 27.6 60.0% 79.6
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 25 29.7 24.4 4.0% 66.4
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 12 3.4 5.9 0.0% 57.0
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 手術・処置等22あり 11 25.5 26.4 0.0% 68.0
 整形外科では、外傷や変性疾患など幅広く整形外科疾患を診療しております。特に関節変性疾患の診療に力をいれております。
 変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死病変に対して、膝関節、股関節、肘、肩などの大関節に対しては人工関節による機能再建を実施し、症例の多い膝関節と股関節においてはそれぞれ専門とする医師が担当する体制を整えております。
 膝関節では適応を見極めて単顆人工関節置換術(UKA)もしくは全人工関節置換術(TKA)を行っており、手術では皮膚や筋肉などの軟部組織の負担を必要最小限にしながら、人工関節の適切な設置を行うことを重視しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 7.5 7.4 0.0% 74.2
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 20 6.3 15.1 0.0% 76.7
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 19 7.4 10.0 0.0% 72.8
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 14 16.1 11.7 0.0% 74.1
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 12 5.3 10.4 0.0% 69.3
 局所浸潤性膀胱がんの標準的治療は、原則、膀胱全摘術ですが、術前もしくは術後に全身化学療法(GC療法)を追加することがあります。膀胱全摘術にともなう尿路変更術では主に回腸導管造設術、自然排尿型尿路変更術(主にStuder法)を行います。
 また、膀胱全摘術ができない方・希望されない方にはTUR-Bt・化学療法・放射線療法などを組み合わせた集学的治療による膀胱温存治療も行っています。また、前立腺がん確定診断のための生検は入院(2~3日)の上、脊椎麻酔下に経会陰的超音波ガイドで行い、がんの治療は診断時のPSA値、がん組織の悪性度、進行度によって方針を決めています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 15 15.5 10.3 0.0% 64.7
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 14 3.4 4.6 0.0% 50.9
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 11 20.1 11.6 9.1% 65.0
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 11 8.6 6.6 0.0% 59.9
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 4.1
 乳房の悪性腫瘍は、マンモグラフィー・超音波検査・細胞診・症例によっては低侵襲でマンモトーム生検により確定診断を行っています。手術に関しては、患者さんの希望に従い、適応のある症例には、乳房温存療法を積極的に行っています。
 また、当院は、人工乳房再建の保険適用が認められた施設です。人工乳房以外にも自家組織による乳房再建を乳癌手術と同時に施行しています。
 入院治療中の乳がんの患者さんには、生活に支障のないよう「がんリハビリテーション」を積極的に行ない、その後もリンパ浮腫外来により術後の予防と治療に努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 10.2 11.1 0.0% 76.0
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 56 8.6 9.0 0.0% 72.5
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 41 2.6 3.0 0.0% 71.0
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 31 5.6 7.9 0.0% 66.0
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 22 15.0 11.7 0.0% 69.9
 肝臓領域では、B型肝炎、C型火炎などのウイルス肝炎は、大阪大学消化器内科との連携により治療を行っています。自己免疫性可燃や原発性胆汁性肝硬変などの特殊な肝疾患では、当院のアレルギー・膠原病リウマチ内科と共同して診療にあたっています。
 消化管領域では、通常の内視鏡検査機器、特殊内視鏡新装置(小腸内視鏡・特殊光内視鏡・各種超音波内視鏡・カプセル内視鏡)を整備しEBMに基づいた診療を行い、食道静脈瘤結紮術、硬化療法や早期がんの内視鏡的利用などを行っています。
 さらに、胆膵領域では、IDUSを含めた超音波検査、CT・MRI・ERCP・PET等の検査を駆使し、治療を行なっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 13.7 12.8 5.8% 74.7
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 6.5 8.9 0.0% 72.2
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 22 43.2 37.1 31.8% 72.6
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 18 15.3 14.8 5.6% 70.2
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 17 27.5 22.7 11.8% 67.8
 当科では、原因不明の血尿・蛋白尿や健康診断等で指摘された検尿異常の精査に対し一次性腎疾患(急性・慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群)から二次性腎疾患(糖尿病・膠原病など)までの広い領域ならびに腎不全・透析に至るまでの長い経過を含め、診療を行っています。
 さらに種々の原因により発症した急性腎不全に対し血液浄化療法を実施しています。また、水・電解質異常や酸塩基平衡異常にも積極的に対応し、透析療法については地域の中核病院として多くの合併症を有する患者や外科手術などを必要とする患者さんの受け入れを実施しています。
膠原病リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 153 16.4 17.8 2.6% 63.7
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 41 17.2 14.5 4.9% 71.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 19.3 21.3 0.0% 83.3
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 22 19.4 19.9 0.0% 75.2
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 11.6 12.4 5.3% 69.8
 当科では、リウマチ・膠原病センターを設置し、関節リウマチ・全身性エリトマトーデス・強皮症・皮膚筋炎/多発性筋炎・血管炎症・ベーチェット病・シェーグレン症候群・成人スチル病などの疾患を対象として、整形外科及び皮膚科と緊密な連携による診療を行っています。
 一方、成人のアレルギー疾患としては、気管支喘息が主な病態であり、外来ではステロイドや長時間作動型β刺激剤吸入などを使用してコントロールし喘息発作を行っており、アレルギーによる症状が疑われる場合の鑑別も行っています。
 また、一般的な市中肺炎や誤嚥性肺炎なども、呼吸器内科と連携し対応しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 72 24.0 16.8 0.0% 72.1
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 25 31.5 34.9 4.0% 73.5
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 24 38.4 42.0 0.0% 67.3
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 18 41.8 36.1 5.6% 71.0
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 11.1 10.7 5.9% 79.5
 血液内科では、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器腫瘍に対する化学療法をはじめ特発性血小板減少性紫斑病や再生不良性貧血などの難治性血液疾患の診断と治療を行っています。当科では、積極的に新しい治療法を取り入れることを心掛けています。再生不良性貧血や赤芽球癆に対する免疫抑制療法、特発性血小板減少性紫斑病・自己免疫性溶血性貧血のステロイド治療や摘脾療法、凝固異常症などにも積極的に取り組んでいます。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 18 21.5 14.6 0.0% 64.4
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 7.9 6.1 0.0% 51.1
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 5.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21.3
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.9
 糖尿病は、自覚症状が少なく放置されがちですが、適切な管理を行わないと全身の血管や神経に悪影響を及ぼし、脳卒中や心筋梗塞・狭心症・視力障害・腎機能障害・下肢切断・認知症などの合併症を引き起こします。当院では、平成16年に糖尿病療養指導センターを開設し、糖尿病専門医を中心に外来診療を行っています。
 また、患者さんの糖尿病に対する理解と食事療法などの自己管理を指導するために、糖尿病看護認定看護師と日本糖尿病療養指導士や大阪糖尿病療養指導士が協力して、個別指導や糖尿病教室を行っています。
 さらに、透析予防指導や看護師によるフットケアを積極的に行い、入院治療としては、教育入院から合併症入院まで、すべてのステージに対してきめ細やかな診療を行っています。
 昨年度からは、理学療法士による運動療法も取り入れた教育入院を開始しました。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 19.9
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 3.7
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21.3
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 17.8
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13.9
 当院では、平成26年5月から呼吸器内科を再スタートしました。もともと大阪大学第三内科の流れをくみ免疫疾患と肺疾患を多く取り扱っていました。そのため、アレルギーリウマチ膠原病の患者さんが多く、それに伴う間質性肺炎や感染症、気管支喘息などの非がん呼吸器合併症の治療に力を入れてきました。
 基礎疾患のある患者さんの肺合併症を、当院で充実している内科系各診療科と連携しながら加療を行っています。気管支鏡検査も随時施行可能です。外科的処置の必要な場合や明らかな肺がんが疑われる場合を除き、さまざまな呼吸器疾患に対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 3.6 3.1 3.1% 68.7
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 4.6 4.7 0.0% 66.0
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 22.3 18.0 3.6% 84.0
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 15.1 11.4 0.0% 76.8
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21.3
 循環器疾患は命に直結する病気であり、当科の重要な使命は、緊急性のある状態かどうかを見極めて、迅速に、かつ専門的にアドバイスや加療を行うことと考えています。
 当院では、心電図やレントゲンとともに、院内でBNPなどの採血結果を得ることができます。負担の少ない検査を素早く行い、次のステップの心エコーや冠動脈CTや心臓カテーテル検査などの必要性を迅速に判断し、専門的な検査や治療にあたるようにしています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 34 7.9 9.0 0.0% 70.9
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 31 12.4 12.0 0.0% 66.7
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 4.3
130111xxxxx0xx アレルギー性紫斑病 手術・処置等2なし 12.4
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 17.8
 皮膚科では、皮膚疾患を幅広く診療しておりますが、特に入院治療の場合、難治性皮膚潰瘍・膠原病・感染症・皮膚腫瘍を、外来では、乾癬・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹などの疾患やレーザーによる美容皮膚科、陥入爪などの加療を専門的に行っています。
 当院では、膠原病や糖尿病・腎不全などを基礎疾患にもつ皮膚科症例が多く、重症例については入院加療により、免疫内科・糖尿病内科・腎臓内科・循環器内科や整形外科など、他診療科とも密接に連携し、治療にあたっています。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 24 19.7 20.6 0.0% 54.6
010250xxxxxxxx アルコール依存症候群 9.7
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.7
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7.1
 当科では、成人の種類の精神疾患を対象に治療を行っています。MRIや脳波などの脳の検査以外に身体の精査及び治療も可能であり、身体疾患と精神疾患の鑑別や、両者が合併した場合の治療も可能となっています。
 また、精神科医における治療手段としては、精神科医による外来での精神療法及び薬物療法に加えて、心理療法の専門家によるカウンセリングやデイケアなどの治療も可能であり、幅広い治療手段が選択可能となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 55 20 25 18 1 6.7
大腸癌 36 28 41 28 27 13 1 6.7
乳癌 16 23 15 1 6.7
肺癌 1 7
肝癌 10 30 1 6.7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20  9.1 53.7
中等症 35 14.7 76.5
重症
超重症
不明
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 240 0.1 1.1 0.4% 62.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 49 1.3 3.0 0.0% 70.9
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 1.4 5.9 0.0% 62.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 42 3.5 14.1 0.0% 69.2
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 18 3.8 21.8 11.1% 72.1
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 94 1.6 25.9 3.2% 72.0
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 26 4.5 20.5 53.9% 79.5
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 22 5.2 28.8 45.5% 80.2
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 17 3.1 14.2 5.9% 64.3
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 12 1.9 20.8 0.0% 60.1
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 44 1.2 5.6 0.0% 74.6
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 19 0.9 5.5 0.0% 72.8
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 0.6 9.6 0.0% 69.3
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 11 1.6 1.7 0.0% 69.7
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの)
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 15 1.5 13.1 0.0% 64.7
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1.3 6.4 0.0% 58.8
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 11 1.7 17.4 9.1% 65.0
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)
K474-2 乳管腺葉区域切除術
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 210 0.6 1.4 0.5% 67.5
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 72 1.3 13.6 2.8% 76.7
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 52 1.4 6.3 0.0% 72.7
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 20 1.1 13.4 0.0% 71.9
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 20 1.7 6.1 0.0% 72.8
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 6.8 15.1 11.6% 71.6
K607-3 上腕動脈表在化法
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上)
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 43 2.5 4.3 2.3% 67.0
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 10 7.3 14.1 10.0% 78.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K597-2 ペースメーカー交換術
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K013-21 全層植皮術(25cm2未満)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 23 0.5%
180010 敗血症 同一 32 0.7%
異なる 40 0.8%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.3%
異なる
更新履歴