NTT西日本大阪病院
  • ホーム
  • クオリティ・インディケーター(医療の質の評価)
クオリティ・インディケーター(医療の質の評価)
クオリティ・インディケーター

クオリティーインディケーター(病院指標)とは

国から示された全国の統一の定義や形式を基準として、DPC請求データを基に、各医療機関が市民向けの情報公開のため、
自院の様々な機能や診療状況などを数値化し、評価・分析することで医療の質の向上をめざす指標のことです。

●対象となるデータ

平成28年4年1月から平成29年3月31日の期間に、NTT西日本大阪病院を退院された患者さんの内、健康保険(公費・生活保護を含む)を使用した患者さん

※集計対象外となる退院患者さん
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者さん
  • 自賠や労災、或いは自費若しくは、臓器移植をされた患者さん

●年齢の考え方

入院された日の満年齢を使用

●診断群分類別患者数

各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類で、上位5位のDPCコード、名称、患者数、
自院の平均在院日数、 全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。

●初発の5大がんのUICC病期分類別並びに再発患者

5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん)について、初発のUICCのTNMから示される病期分類による患者数と再発患者数を示しています。
※UICC TNM分類
国際対がん連合によって定められた悪性腫瘍の病期分類に用いられる指標の1つ

●成人市中肺炎の重症度別患者数

成人の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。

●脳梗塞のICD10別患者数等

●診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

●その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

病院指標(平成28年度)

病院指標
審査 W17-1186-1