NTT西日本大阪病院
大阪府がん診療拠点病院
NTT西日本大阪病院は平成28年4月に『大阪府がん診療拠点病院』として指定更新されました。
大阪府によってがん診療拠点病院の指定を受けることができる病院は、わが国に多い五大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)の診療等に関して、専門的ながん診療機能や設備等の指定要件を充足した病院に限られます。
当院では、大阪府がん診療拠点病院として、五大がんの中でも消化器がん(胃・食道がん、肝胆膵がん、大腸がん等)や乳がんに対する手術療法や化学放射線療法、肺がんに対する放射線療法や外来化学療法等の専門的医療の提供に努めております。
これらのがん医療は、安全・安心な医療として患者さんの信頼を得ており、同時に、地域医療機関の一員として質の高い地域完結型医療に貢献できるよう励んでおります。

緩和ケアの推進

緩和ケアはがんの診断を受けた時から始まっています。当院では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・MSW(メディカルソーシャルワーカー)で構成される「緩和ケアチーム」が、患者さんやご家族が抱えられる「がんに関する様々な問題」解決に向け、入院中・退院後・外来通院など、すべてのシーンで支援をしています。
入院患者さんには、病棟ラウンドとともに週1回のカンファレンスにより、症状緩和や退院調整に関して、個々の患者さんに適した環境整備など支援し、退院後も、「個別相談」で対応しています。

禁煙外来の推進

当院では、平成19年4月より、病院敷地内を全面禁煙とし、禁煙指導として禁煙外来(毎週水曜日・午後)を実施しています。

禁煙外来実績
年度 受診人数
平成25年度 33人
平成26年度 36人
平成27年度 40人

病院機能評価受審に向けた取り組みの推進(業務改善)

当院は、平成24年12月7日に病院機能評価(Ver6.0)の認定更新を受けました。
医療制度改革など医療を取り巻く環境の大きな変化に対応するため、第三者による医療の質の維持・改善について、診療内容や接遇、或いは設備など様々な角度から審査を受け、PDCAサイクルによる業務改善に努めています。

病院機能評価結果

患者満足度調査の実施(業務改善)

当院は、毎年7月頃に、当院に通院されておられる外来の患者さん並びに入院中の患者さんへ、「患者満足度調査」を実施しています。
調査の中で、ご指摘いただいた項目やご要望の多い項目等を充分検討し、施設の改修や各種手続き方法の改良など積極的に取り組んでおります。

患者満足度調査結果

健康関連情報のご提供

季節に応じた健康関連情報を「健康サラダ」でご提供しています。

健康サラダ

がんリハビリテーションの取り組み

当院では、リハビリテーションカンファレンスを毎週開催し、患者さんの実際の身体機能の状態やセルフケア能力を的確に評価、病状の進行や治療の効果を検証し、術後早期に「がんリハビリテーション」をご提供しています。

年度 がんリハビリテーション実施件数
平成25年度 2,589件
平成26年度 4,935件
平成27年度 6,073件

緩和ケア研修会修了者(医師)一覧(平成28年12月現在)

緩和ケア研修会修了者(医師)一覧 

院内がん登録について

・院内がん登録とは
 院内がん登録とは、当院でがんの診断・治療を受けたすべての患者さんの、診断・治療・予後に関する情報を登録する仕組みです。収集した情報を集計、解析することにより、がん診療の質の向上を図り、患者さんの支援を行うものです。
 当院では、大阪府がん診療拠点病院として、国の「がん対策推進基本計画」による院内がん登録を行っております。

・収集方法
 当院では、国立がん研究センターがん対策情報センターが実施する院内がん登録実務者初級 研修を修了した登録実務者が登録を行っております。

・院内がん登録情報の利用
 院内がん登録により収集した情報は、以下の目的で利用しています。

1. 国立がん研究センターへの全国集計へのデータ提供
2. 大阪府地域がん登録への情報提供
3. 院内がん患者さんの受療状況の把握
4. 院内がん患者さんの生存率の算出及び予後調査
5. 診療支援、研修のための資料

・個人情報の取り扱い
 院内がん登録により得られた情報については、個人情報保護法及び当院個人情報保護指針に基づき、適正に取り扱い、保護、管理しています。

審査 W15-2630-1