NTT西日本大阪病院
  • ホーム
  • 看護部のご案内|新人教育
プリセプター制度を基本とし教育担当者と協力しながら新人の個人に合わせた成長をサポートできるように丁寧な指導を実践しています。新人看護師が多くの困難を乗り越え「看護師になってよかった」と思えるように支援しています。

新人年間教育スケジュール

基本目標 達成目標 研修フォローシステム
4月 当院の方針やシステム、構造について理解できる 病院の方針、構造、取り組みについて理解できる ・入社式
・採用時前期集合研修
・看護技術研修
  (採血・注射)
・フジカルアセスメント
・患者体験研修
・医療安全研修(KYT①)
・患者体験実習
・夜勤見学実習
社会人としての基本的な態度が身につく
基本看護技術を演習を通じて習得できる
看護部の取り組み、各配属部署の特徴を理解する
各部署のスタッフとコミュニケーションが図れる
5月 各部署のスタッフに慣れ、日常業務の流れが理解できる 配属場所の特徴と、業務の内容が理解できる ・夜勤研修
・採用時後期集合研修
・AED研修
・看護技術研修
(スキンケア一般 褥瘡 等)
・静脈注射管理方法等
基本的な患者の看護が指導のもとにできる
社会人としての基本的な態度が身につく
基本的看護技術の習得ができるように努力する
各部署のスタッフとコミュニケーションが図れる
6月 日勤業務・(遅出)が自立してできる 一連の日勤業務が一人でできる(複雑な処理などは指導を受けながら) ・夜勤研修
・集合研修(心電図)
チームナーシンが理解できる
基本的看護技術が安全に実施できる
夜勤業務が指示のもとにできる
7月 業務が一連の流れとして理解でき、次の行動につなげられる 各部署で頻回に行われる検査や処置について理解し、患者様に説明、介助ができる ・3ケ月フォロー
・集合研修(糖尿病)
自分の力で解決しようと努力し、無理なことは自ら相談できる

8〜9月

日常業務に関して、プリセプターから自立できる 夜勤業務が自立できる チームの中での役割が理解でき、自立した行動がとれる ・集合研修
 (静脈注射の実践)
・グリーフケア
チームの中で、業務に置いて困った点、不安な、患者の問題など相談できる
事故を起こさない為の予防策が考えられる
安全を原則として夜勤業務を遂行できる(複雑な判断は指導をうけながら)
10〜11月 指導を受けながら、看護過程を展開し、患者様へのケアが提供できる チームメンバーとしての役割が果たせる ・6ケ月フォロー
・集合研修
・ローテーション研修
・多重課題研修
・災害研修
・救急研修
患者様の特性を捕らえ個別性のある看護を指導を受けながら実践できる
ポピュラーな疾患患者の看護が実践できる
不足技術を積極的に習得できる
カンファレンスで自分の意見を発表できる
12月 看護過程を自ら展開し患者様にケアを提供できる(特殊例を除く) 自分の行った看護を振り返り、問題意識を持つ ・プリセプター期間終了
・集合研修
 (人工呼吸器を含む)
疑問や不安な点を積極的に相談し、基本的な看護を責任を持って提供できる
優先順位を考えて行動できる
1〜3月 各部署での役割が果たせる 患者様への個別性に応じた看護が進んでできる ・医療安全研修(KYT②)
・一年のまとめ
・ケーススタディ発表会
   (次年度 4月発表)
他部門との関連を理解し、調整が指導のもとにできる
先輩看護師の指導の下に患者の急変時における対処ができる
技術の習得状況を見直し、不足している事項を明確にできる

ローテーション研修

新人の技術的側面・基本姿勢や態度の習得を目的に、入職6ヶ月目に他部署において4週間の研修を実施しています。研修中は教育担当者・プリセプターが指導担当を担っており、研修部署全体で新人を育成する体制をめざしています。また、研修終了後は発表会を実施し研修での学びを自身の言葉で概念化し「看護の知」を深める取り組みへと繋がっています。

新人研修 安全研修

医療安全の意識を高めるため、患者に安全な看護ができるよう新人教育を行っています。
4月には、医療安全の背景を踏まえた概論と当院での安全対策活動を講義形式で行っています。技術面では4月から9月までの期間で講義形式と実習を含めた計画を立て、受講サインを研修指導者が行い、現場で実践ができるよう教育しています。また、3月には実際に起こった当院のインシデントレポートからKYTを取り入れたグループワークを行い、危険回避行動を考える研修を行っています。