NTT西日本大阪病院
  • ホーム
  • 看護部のご案内
  • 教育|現任教育

理念

看護部の理念に則り、専門職業人として個々の能力を十分に発揮させ、質の高い、創造性のある看護師を育成する。

目的

  • 看護倫理に基づいた行動がとれるように人間性豊かな感性を育む。
  • 専門職として主体性・自立性を持ち、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

目標

  • 患者の人権を尊重し、看護実践力の向上を図ることにより、最善の看護を患者に提供する。
  • 医療チームの一員として看護の専門性を発揮し、あらゆる看護場面に対応できる能力を身につける。
  • 当院における社会的使命を自覚し、看護職員としての役割を果たす能力を身につける。

教育体制

教育体制の図

段階的教育プログラム
新人からエキスパートナースへと段階を踏んで実践能力を育成するシステムを取り入れています。それぞれに応じた到達目標を臨床看護実践能力をもとに、実践・管理・教育・研究の面から設定し各レベルに応じた研修を行っています。
専門分野は糖尿病・感染管理・がん性疼痛看護認定看護師によるレベル別研修を実施しています。看護師個々の目標やレベルに応じた教育的サポートを行い、キャリア開発に役立て自律した看護師の育成をめざしています。

バランスのとれた指導のために
自立した看護師の育成をめざし、看護師が主体的に学ぶための教育を実践。教育の理念・方針・目標に沿った院内教育計画に基づいた集合教育を行っていきます。また、職場内教育を通じて、自らの役割を、責任を持って果たすことができ、患者様中心の適切な看護が行えるよう、個々の目標管理を行い、温かく指導していきます。
指導ステップ