NTT西日本大阪病院
研修医について

選択科目の概要

麻酔科

1.基本理念と特徴
選択科としての麻酔研修の目的は、必修科研修で到達できなかった目標を達成するとともに、より幅の広い麻酔症例を経験することにより、多彩な疾患への理解と、特に、全身管理に必要な高度な技術を学ぶことにある。
2.研修内容
呼吸器、小児、消化器(食道癌手術)の重症患者の術中管理を通して、プライマリ・ケアに必要な病態や治療技術のみならず、専門領域としての麻酔科学の知識技術を経験できるように指導する。
3.経験目標
●必修科としてのものと重複する場合がある。

  • 重症患者の術前診察と麻酔リスクの評価
  • 心電図等のモニターを正しく評価、異常時に適切な処置ができる
  • 必要に応じて動脈血ガス分析を行い、異常を正しく補正できる
  • 経鼻挿管を含む気管内挿管
  • 挿管困難症例の予測と評価
  • 気管支ファイバー等を使用した挿管困難例への対策
  • 循環不全の原因と対策の概要の理解
  • 血管作働薬の薬理学的特長の理解、正しい使用
  • 病態に応じて人工呼吸器を正しく使用できる
  • 脊椎麻酔を安全に施行できる
  • 硬膜外麻酔を安全に施行できる
  • 局所麻酔による末梢神経ブロック
  • 局所麻酔による副作用とその対策
  • 分離換気を含む呼吸器外科の麻酔経験
  • 小児の麻酔経験

(1)診察法

  • 予定手術患者の術前診察
  • 緊急手術患者の術前診察
  • 術後痛患者の診察

(2)検査

  • 患者のリスクにあった周術期管理に必要な最低限の検査を行うことができる。
  • ヘマトクリットの測定
  • 動脈ガス分析
  • 血糖測定
  • 一般尿検査

(3)手技

  • 麻酔に必要な基本手技を正しく施行できる
    ・心電図、パルスオキシメーター等麻酔モニター
    ・静脈路の確保
    ・マスク下気道確保
    ・用手人工呼吸
    ・気管内挿管
  • ラリンゲルマスクの使用
  • 気管内挿管困難症に対する対処
  • 動脈カテーテル留置
  • クモ膜下穿刺
  • 硬膜外穿刺
  • 局所麻酔法
  • 胃管の挿入と管理
  • 導尿法
  • 輸液、輸血の施行
  • 麻酔関連薬剤の作用、副作用、相互作用を理解し、薬物治療の施行
  • 麻酔記録の作成

(4)症状・病体・疾患

麻酔管理を通して以下の治療が行える

  • 出血(貧血)
  • 心肺停止
  • 呼吸不全
  • 心不全
  • ショック
  • 意識障害
  • 疼痛

(5)医療現場の経験

予定手術、緊急手術の麻酔を経験して以下のことができる

  • バイタルサインの把握
  • 重症度と緊急度の把握
  • ショックの診断と治療
  • 二次救命処置の施行
一覧にもどる