NTT西日本大阪病院
研修医について

選択科目の概要

泌尿器科

1.基本理念と特徴
医療チームの一員として必要な基本姿勢、態度を涵養し、日常診療でよく遭遇する泌尿器科疾患に適切に対応できるよう、基本的な泌尿器科診療能力を習得させる。特に自己判断で診療してよい病態と、泌尿器科専門医に判断、処置を依頼すべき病態を区別できる知識、経験を習得させる。当科では地域中核病院の特色から幅広い診療を行っており、特に手術件数が豊富で、泌尿器腹腔鏡下手術を積極的に行っている。
2.一般目標(GIO)
  • 泌尿器科で扱う臓器、疾患の特殊性を理解し、科学的根拠に基づいた診断、検査法および対応、技術を習得する。
  • 幅広い人間形成を行い、チーム医療の一翼を担う態度を身に付ける。
3.行動目標(SBO)
  • 外来診療の問診を行う。
  • 腹部の診察を行う。
  • 神経学的診察を行う。
  • 男性性器の診察,前立腺の触診を行う。
  • 診断に必要な検査を選択する。
  • 異常所見を具体的に述べ,所見を統合し,疾患を同定する。
  • 注射,採血,導尿をする。
  • 小手術をする。
  • カンファレンス,回診に参加する。
4.研修目標

(1)経験すべき症候、疾患

  • 症候:腹痛、腰背部痛、陰嚢部痛、陰嚢内腫瘤、排尿痛、尿閉、排尿困難、尿失禁、尿量異常、血尿
  • 疾患:尿路結石症(腎・尿管結石)、尿路感染症(膀胱炎,腎盂腎炎)、前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌、尿路性器外傷、腎後性腎不全、副腎腫瘍

(2)経験すべき診断、検査法

検査を指示または実施し、結果を解釈できる。

  • 一般検尿、尿細菌学的検査、尿細胞診
  • 一般血液検査、前立腺・精巣腫瘍マーカー
  • 内分泌学的検査
  • 腎、膀胱、前立腺、陰嚢の超音波検査
  • 膀胱鏡
  • 排泄性尿路造影
  • 副腎、尿路生殖器CT、MRI
  • 核医学検査(レノグラム、骨シンチ)
  • 腎生検、前立腺生検

(3)研修すべき手技、治療技

1.手技

a 導尿法
b 尿管ステントカテーテル挿入、抜去、交換
c 膀胱洗浄、腎盂洗浄

2.治療

a 薬物療法(尿路感染症、排尿障害、尿路性器腫瘍)
b 助手として参加する手術(開腹手術、内視鏡手術、腹腔鏡手術)
c 術者として参加する手術(膿瘍切開術、尖形コンジローマ焼灼術、包皮背面切開術、精管結紮術、体外衝撃波結石破砕術)
一覧にもどる