NTT西日本大阪病院
研修医について

選択科目の概要

整形外科

1.基本理念
健康増進習慣の広まりや社会高齢化などの構造変化に伴い、骨・関節・脊椎におけるスポーツ疾患や変性疾患は増加傾向を強めている。これら筋・骨格系整形外科疾患に対処すべく、基本的な知識と診断・治療技術を習得する。
2.研修内容
  • 各種の整形外科疾患患者を受け持ち、整形外科診療の基本的知識と技術、術前・術後管理の指導を受ける。疾患や主訴に応じた病歴・身体所見の取り方と各臨床・画像検査の進め方、診断にいたるプロセスと治療計画の立案・実施する能力を養成する。
  • 週5〜6例の整形外科疾患に関する手術に助手として参加し、病態の把握や機能再建治療法を習得し、術者としての知識・技術の拡充に努める。
  • 受け持った症例での発表練習を通じ、症例の問題点に着目し検討する技量を習得し、研究会や論文に発表する能力を養成する。
3.経験目標
  • 重度外傷や高齢疾患に対応すべく、全身状態の把握、高齢・重症患者の全身管理、ターミナルケア等、幅広い基本的臨床能力を養成する。
  • 腰痛・関節痛・歩行障害・四肢のしびれなどの症状や骨折・関節脱臼・腰椎椎間板ヘルニアを含む脊椎疾患・骨粗鬆症などの疾患を代表とする基本的筋骨格系疾患・病態に対応できる知識・診断・治療能力と手術技術を習得する。

具体的な経験目標は以下のごとくである。

1 骨・関節・筋肉・神経・脈管の解剖と生理の基本的知識の理解
2 四肢・関節・体幹の整形外科的診察および骨・関節・脊椎疾患などの画像診断
3 局所麻酔・関節注射・ブロック、緊急時の切開などの基本的臨床手技
4 整形外科的感染症の処置と抗生物質の使用法
5 新鮮挫傷のデブリドマンと皮膚処置
6 骨折・関節脱臼の発生機序の理解と整復方法の習得。ギプス固定法と介達・直達牽引法の技能と管理。骨折の合併症(コンパートメントシンドローム、神経麻痺、脂肪塞栓など)の理解と変形治癒や偽関節、関節拘縮にたいする処置
7 四肢・体幹部の比較的単純な骨折にたいする手術療法を含む治療法の習得
8 脊椎症・脊椎炎・椎間板ヘルニア、靭帯骨化症など脊椎疾患の診断と治療法の理解。MRI、CT、脊髄造影などの補助的診断法の意義と特徴についての理解
9 麻痺性疾患の高位診断、手術の適否、術前術後の評価管理の体得
10 変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死症、先天性股関節脱臼、Perthes病、大腿骨頚部骨折など小関節疾患の病因と病態についての理解と人工関節などの治療法の習得
11 手及び上肢の外傷(骨折・脱臼、神経・血管・腱損傷)に対する適切な初期治療法の立案と施行
12 手奇形(多指症、合指症)および関節リウマチや麻痺手にみられる手の機能障害にたいする診断と手術法の決定
13 半月板損傷、各靭帯損傷、膝蓋骨脱臼、足関節部外傷などのスポーツ障害の発生機転と病態の理解と、その治療法の立案。膝関節鏡検査の学習
14 リウマチをはじめとする各関節炎の病態の習得と、薬物的治療法の理解
15 腫瘍の良・悪性の鑑別診断と悪性治療プログラムの立案と遂行
16 整形領域における各種筋・神経疾患の病態と治療法の理解
17 下肢・体幹装具の適用と効果の限界の理解、および各整形外科疾患手術後の関節可動域、荷重、筋力強化訓練を含めた基本的リハビリテーションプログラムの作成
一覧にもどる