NTT西日本大阪病院
研修医について

選択必修研修科目の概要

外科

1.基本理念と特徴
研修医は、将来どの専門分野をめざすにせよ、外科全般にわたる基本的な臨床知識を得る必要がある。特に手術前後の患者管理を通じ、迅速かつ正確な対応を要する全身呼吸循環管理を経験し習得する必要がある。また、将来外科専門医を目指すものにとっても、将来の基礎を形成するうえで、外科初期研修は重要である。
2.研修内容
「消化器一般外科」「乳腺・内分泌外科」の基礎的な診察法、検査法、治療法について学び、また外科の基本的手技(切開、止血、縫合法)を身につける。選択研修では、さらに外科専門医をめざした研修を行い、専門医として必要な診断・検査手技の習得するとともに、手術を経験し、術前術後の患者管理法を学ぶ。 各診療グループの研修内容および特徴を次に記す。
消化器外科
1.基本理念と特徴
消化器外科診療に必要な基礎的知識を習熟し,臨床に即した対応ができるよう専門的研修を行う.消化器外科に関わる知識、手技の習得はいうまでもなく、特に重症患者における術前、術後の循環呼吸をはじめとする全身管理を習得できることが特徴である。また、消化器の良性,悪性疾患に対する診断、治療を研修するのみならず、さらに食道癌,胃癌,肝胆膵領域癌、大腸直腸癌など、消化器癌に対するレベルの高い手術手技や集学的治療についても学ぶことができる。
2.研修内容
研修医は、外来患者の診察法,病歴,身体所見のとりかたを学ぶ.また,入院患者を受け持ち、臨床、画像診断を行う能力を養成する。手術症例の術前術後の全身管理を指導医とともにに行い,さらに消化器外科手術に助手として参加し、手術にかかわる手技、補助手段の用い方等を習得する。担当症例での術前術後のサマリーを発表する機会を通じ、症例における問題点の把握、手術方法の選択等に関する文献的考察を行う能力を養う。
3.経験目標

(1)専門的検査法(一部介助または実施する)

  • エックス線,CT,MRI
  • 上部消化管内視鏡
  • 下部消化管内視鏡
  • 一般超音波検査
  • 上部消化管造影検査
  • 下部消化管造影検査
  • 内視鏡的硬化療法
  • 超音波内視鏡検査
  • 低緊張性十二指腸造影
  • 瘻孔造影検査
  • 内視鏡的膵胆管造影検査
  • 経皮胆道造影検査
  • 選択的血管造影検査
  • 肝動脈塞栓療法
  • 経皮経肝エタノール注入療法

(2)手術前後の管理に必要な手技(見学,一部介助あるいは施行する)

  • 静脈内穿刺(IVHチュ-ブ穿刺を含む)
  • 輸液(高カロリ-輸液を含む),輸血,栄養管理
  • 創傷処置
  • 経鼻胃管の挿入管理
  • 胃洗浄
  • 胃,腸瘻造設
  • イレウス管挿入法と腸管内減圧
  • 消化管出血の止血(S-Bチューブ、緊急内視鏡検査)
  • 経皮経肝胆道ドレナージ
  • 気管内挿管,気管切開、気管内吸引洗浄
  • エコ-下穿刺とドレナ-ジ(腹水,胸水,腹腔内膿瘍の治療)
  • 人工肛門の管理

(3)実際の手術を経験し、手術適応、術式の決定、術後管理を学び習得する。

  • 食道疾患
  • 胃、十二指腸疾患
  • 小腸、大腸疾患
  • 肛門疾患
  • 肝胆膵疾患
  • 門脈、脾疾患
乳腺内分泌外科

乳腺内分泌外科における専門的研修を行う。乳腺内分泌外科に関わる知識、手技の習得、特に乳癌を中心とした集学的治療を習得する。さらに、他の内分泌腫瘍に対する基本的、応用的治療について学び、将来の外科専門領域を目指す医師として幅広い臨床経験を積むことができる。 入院患者を受け持ち、病歴、理学的所見のとり方、画像診断の読影、手術方法の決定、術後治療計画を立案する等の能力を養成する。担当症例での問題点の把握、治療計画に関する文献的考察を行う能力を養い、研究会や論文での発表の方法を学ぶ。
1.経験目標

(1)診断法

病歴および理学的所見から得た情報をもとに、必要な検査を選択指示し、その結果を評価する。

  • 乳腺・甲状腺の視触診
  • 腋窩・頚部リンパ節の視触診
  • 乳腺超音波検査の実施と解析
  • 頚部超音波検査の実施と解析
  • 腹部超音波検査の実施と解析
  • 乳腺撮影の読影
  • 頚部撮影の読影
  • 乳腺腫瘤の穿刺吸引細胞診の実施と評価
  • 甲状腺腫瘤の穿刺吸引細胞診の実施と評価
  • 甲状腺・副甲状腺シンチの読影
  • 骨シンチの読影
  • 頚部CT・MRIの読影
  • 胸部(乳腺)CT・MRIの読影
  • 腹部CT・MRIの読影
  • 甲状腺、副甲状腺機能の評価
  • 腫瘍マーカーの評価

(2)手術:手術の準備・実際・術後管理を習得する

  • 乳腺腫瘤摘出術
  • 乳腺部分切除術(温存術)
  • 乳房切除術
  • 乳管腺葉区域切除術
  • 乳癌腋窩リンパ節郭清術
  • 乳癌センチネルリンパ節生検
  • 甲状腺腫瘤摘出術
  • 甲状腺片葉切除術
  • 甲状腺亜全摘術
  • 甲状腺全摘術
  • 頚部リンパ節郭清術
  • 頚部リンパ節摘出術
  • 副甲状腺腫瘍摘出術
  • 乳癌手術の周術期管理
  • 甲状腺・副甲状腺手術の周術期管理
  • バセドウ病手術の周術期管理

(3)術後補助療法

  • 乳癌補助ホルモン化学療法の治療計画の立案・実施
  • 甲状腺癌術後TSH抑制療法の立案・実施

(4)支持療法:進行再発癌患者のQOLを高める支持療法の理論と実際を習得する

  • 癌性疼痛の緩和
  • 転移性の癌に対する支持療法
  • ターミナルケアー
心臓外科・脳外科
希望者については大阪警察病院での研修を行う。
一覧にもどる