NTT西日本大阪病院
研修医について

選択必修研修科目の概要

小児科

小児科の初期研修として、小児科全般における基礎知識の習得と技術の獲得を目的とする。
1.研修内容
NTT西日本大阪病院の初期臨床研修プログラムの規定に従い、1年目に、1.5ヶ月間に研修協力施設の大阪府母子保健総合医療センターにて研修を行う。
2.研修目標

(1)問診と診察法

患児およびその保育者(母親)との間に良好な人間関係を築き、発達歴・成長歴・ワクチン歴などの小児科特有の病歴が聴取できる。また、小児の年齢別の特性を理解し、それぞれの年齢の小児に対して診察を行い、所見を適切に記載できる。得られた所見の中で、病的所見と生理的所見を区別できる。

(2)臨床検査

  • 検尿・便一般検査
  • 血液検査及び尿検査
  • 一般的微生物検査
  • 薬物血中濃度
  • 髄液の一般検査
  • 血糖およびビリルビン検査
  • 染色体検査
  • ツベルクリン反応
  • 心電図
  • 脳波
  • 画像検査(単純X線写真、CT検査、超音波検査)
3.診療手技と治療法(適用を決定し、自ら実施できることが望ましい)
  • 血圧測定
  • 浣腸
  • 採血法(静脈、毛細血管、動脈)
  • 注射法(静脈、筋肉注射、皮下注射、皮内、点滴)
  • ワクチンの接種
  • 胃管の挿入と管理
  • 薬物あるいは蒸気の吸入
  • 輸血・輸液
  • 薬物療法(解熱剤、抗生剤等)
4.症状・病態・疾患
  • 黄疸(生理的黄疸)
  • 発育障害(やせ・肥満・低身長・高身長)
  • 発育遅延・歩行障害
  • 発熱
  • 呼吸困難(吸気性・呼気性)
  • 心疾患・チアノーゼ
  • 嘔気・嘔吐
  • 腹痛(腸重積・虫垂炎等)
  • 便通異常(下痢・便秘等)
  • 誤飲・誤燕
  • 湿疹(アトピー皮膚炎)
  • 血尿・蛋白尿
  • 急性細菌性感染症(A群溶連菌・ブドウ球菌・MRSA)
  • ウイルス感染症(発疹性疾患等:突発性発疹・麻疹・風疹・水痘・手足口病・単純ヘルペス・流行性耳下腺炎・インフルエンザ・RSV)
  • けいれん発作・熱性痙攣
  • 喘息性気管支炎・気管支喘息
5.医療現場の経験
  • 母子手帳の内容を理解し活用できる。
  • 成長障害に及ぼす家庭・学校等の地域社会の影響を理解し、関連機関と連携できる。
  • 院内感染防止の重要性を理解し、かつ実践できる。(患者の隔離とガウンテクニック等)
  • 小児救急医療を経験し、治療法について知識を習得する。
一覧にもどる